• 2017年12月26日 リウマチサプリランキング
    リウマチや関節の痛みを和らげるおすすめミトコンドリアサプリ!
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節の腫れが治らない!症状ごとに異なる改善方法を知ろう
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節リウマチの初期症状は見逃し厳禁!主な症状や正しい治し方
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリって飲まなきゃダメ?昔との違いを知れば必要性が分かる!
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリはミトコンドリアサプリに注目!その驚くべき効果とは?
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    簡単便利!市販で妊活サプリを購入するメリットと注意点
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    シノビオリンが健康に悪影響!?関節リウマチの研究でわかった弊害とは
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    手指の腫れや痛みは要注意!原因を知って症状を緩和しよう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    肘が痛い原因とは?痛みの原因とリウマチに効くサプリの特徴
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    膝が痛い原因は加齢とは限らない!原因別の症状を知りましょう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    リウマチが治る可能性を上げる!?鍵を握っているシノビオリンの抑制

リウマチの治療は薬物療法・手術療法・リハビリ療法を組み合わせて行います。その中でもリハビリ療法はリウマチの影響で固まってしまった関節をほぐしたりすることができ、日常的に取り入れて自分で実行することができます。 リウマチを発症したときから動くことが少なくなって運動不足気味になっている人は、日々の生活の中でも行えるリウマチ体操などを取り入れていきましょう。

リウマチとリハビリ

リウマチの治療は薬物療法や手術療法で症状を抑えたりしますが、関節そのものの機能を維持するためにはリハビリをして適度に関節を動かす必要があります。関節が痛む症状のリウマチの治療に、なぜ体を動かすリハビリを続けることが重要なのか、まずはその理由を確認しておきましょう。

リウマチ治療について

リウマチ治療のゴール地点は発症前と変わらない生活を送ることができる状態の「寛解(かんかい)」を目指すことです。しかし、リウマチは寛解に到達するまで、長い治療期間が必要になる病気です。長い間体を動かさずに薬物療法だけで治療を続けると関節の周りの筋肉が低下して、関節の可動範囲が狭くなり日常生活を不自由なく過ごすことが難しくなります。そのため、リウマチ治療におけるリハビリは、体を動かし筋肉の衰えを阻止するという大切な役割を持っています。

リハビリの種類と効果

【物理療法】

超音波やホットパック、温水などを利用して物理的に刺激を与えて血液の循環をよくする療法です。痛みや腫れを緩和する効果があるため、運動する前に行うと関節の動きがよくなります。

 

【運動療法】

筋肉の衰えを防ぎ、関節の動きが固まらないようにすることが運動療法の目的です。軽いストレッチを中心に適度に運動をします。

 

【作業療法】

リウマチによって低下してしまった機能を、日常生活で行える作業を通して回復させる治療法です。例えば、パソコン操作や手芸、イラスト作成など手先を使う作業はリウマチによる機能低下を防いでくれます。また、趣味として楽しめるものも多いため、ストレスを感じることなく取り組めるのは作業療法のいい所です。

 

【装具療法】

関節の変形や機能低下を防いだり、日常生活の活動をサポートしたりするために症状に見合う装具を要する療法です。また、リウマチの症状によって動くことに消極的になってしまった気持ちもサポートすることができます。

自宅でもできるリウマチ体操

リハビリは病院だけで行うのではなく、普段の生活の中でも自分で簡単にできるリウマチ体操などを取り入れて、積極的に行っていきましょう。病院でリハビリをして、症状を改善しても継続しなければ元に戻ったり、悪化したりする可能性があります。そのため、自分のペースで自宅でもリハビリしましょう。

上半身の体操

関節リウマチを発症している人は、基本的に体を動かさなくなります。しかし、症状の進行を防ぐためには1日最低でも1回はすべての関節を動かすことが好ましいと言われています。そこで、自宅でも手軽に行うことができるリウマチ体操を紹介します。まずは上半身の関節に効果的な体操をみていきましょう。 

 

【手指の体操】

手を前に突き出し、パーの形に開いてください 指をゆっくりとグーの形に握ります。2秒間かけて握り、同じ時間をかけて開きましょう 次は指と指をそろえたり離したりする動作をゆっくりと行いましょう

 

【手首の体操】

両手のひらを地面に向けて水平に突き出します ゆっくりと手のひらを正面に向けたり、自分に向けたりして上下に動かします

 

【肘・肩の体操】

気をつけした状態から、右手は左肩を、左手は右肩を触れるように交互に肘を曲げていきます 次に前に両手を伸ばした状態を維持しながら、ゆっくりと上へ持ち上げて側面へ広げる 【首の体操】 首をゆっくりと前後、左右に倒す。 次に正面を向いた状態から、右向き左向き交互に振り向くように動かす。 上半身のリウマチ体操を行う際は、呼吸も意識しながらゆっくりと行うようにしましょう。また、痛みや腫れが強い場合は無理をせずに体操を控えることも大切です。

下半身の体操

次は下半身の関節に効果的な体操方法を紹介します。上半身のリウマチ体操と併せて行うようにしてください。

 

【足指の体操】

椅子に座った状態で両足を肩幅くらい広げます。 かかとをつけてつま先を地面から離した状態でキープします。 両足の指をゆっくりと伸ばしたり曲げたりを繰り返します。

 

【足首の体操】

かかとを床につけた状態でつま先をゆっくりと持ち上げる。 右足、左足交互につま先を天井に上げる、床につけることを繰り返し行う。

 

【膝・太もも・股関節の体操】

座った状態で膝を伸ばして前につきだす。 伸ばした状態から曲げながら膝を立てるように持ち上げる。 ゆっくりとおろして、次は反対の足で同様の動作を繰り返す。

 

【腰の体操】

寝そべった状態で足を立てる。 ゆっくりと腰を上げて、そのまま3秒~5秒ほどキープして下げる。 運動不足を感じた際や、筋力低下を防止したいときは自宅でも気軽に行えるリウマチ体操を活用していきましょう。

 

リハビリ体操の注意点

筋力や関節の可動範囲を維持するために効果的なリハビリ体操ですが、いくつかの注意点を守らなければかえって逆効果になってしまいます。リハビリ体操を無理なく続けるために、以下であげる注意点に気をつけましょう。 

 

【リウマチ体操の注意点】

1.調子の良いときだけ行う

炎症が激しく、痛みが強いときは避けましょう。リハビリは1日の中で、体の調子が良い時間帯を選んで無理のない範囲で行いましょう。

 

2.1日1回は行う

関節は1日1回動かす必要があるため、リウマチ体操も最低1日1回を目安にして行うようにしましょう。

 

3.体を温めてから行う

運動するときは、体が温まっているときに行うと効果があがります。そのため、調子がいいタイミングかお風呂上りに行うことをオススメします。

 

4.立つのが辛い人は座って行う

リウマチ体操は座っていてもできる体操なので、立つことが辛い場合は無理をせず座って行いましょう。

 

5.深呼吸をして体をほぐす

体操を始める前などに深呼吸をすることで緊張や体がほぐれます。リラックスした状態で体操を行うことで気持ち良く体操ができます。

 

6.急に動かさず、ゆっくりと動かす

激しく動かすと炎症が悪化して痛みが増す可能性があるため、体操をする際は力まず反動をつけずにゆっくりと動かすようにする。

 

7.医師の確認を取ってから行う

リウマチは関節などが炎症する病気なので、誤った体操などを行った場合症状が悪化する場合があるので、体操を行う前にしっかりと医師に確認を取りましょう。 リウマチ体操は、毎日行うことで筋肉の衰えを阻止したり、関節の可動範囲を維持したりすることができますが、無理をして行うと効果が現れるよりも先に症状が悪化する可能性があります。また、体操を始める際はまず医師ストレッチを行っても問題がないかを確認してから、取り組んでいきましょう。

リウマチ体操は楽しみながら続けましょう

リウマチを治療する際は、薬物療法や手術療法などでリウマチ自体の改善を行いますが、リハビリ療法は病気の影響でその他の機能が低下することを防いだり、症状の悪化を抑えたりする役割を持っています。そのため、病院で行う治療だけではなく、自宅でも行えるリウマチ体操を楽しみながら積極的に取り組んで寛解(かんかい)を目指していきましょう。

 

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。