• 2017年12月26日 リウマチサプリランキング
    リウマチや関節の痛みを和らげるおすすめミトコンドリアサプリ!
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節の腫れが治らない!症状ごとに異なる改善方法を知ろう
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節リウマチの初期症状は見逃し厳禁!主な症状や正しい治し方
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリって飲まなきゃダメ?昔との違いを知れば必要性が分かる!
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリはミトコンドリアサプリに注目!その驚くべき効果とは?
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    簡単便利!市販で妊活サプリを購入するメリットと注意点
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    シノビオリンが健康に悪影響!?関節リウマチの研究でわかった弊害とは
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    手指の腫れや痛みは要注意!原因を知って症状を緩和しよう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    肘が痛い原因とは?痛みの原因とリウマチに効くサプリの特徴
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    膝が痛い原因は加齢とは限らない!原因別の症状を知りましょう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    リウマチが治る可能性を上げる!?鍵を握っているシノビオリンの抑制

関節リウマチの患者さんには、痛みで日常生活に支障をきたしたり、周囲からは怠けているだけだと思われてしまったりするなど、つらい悩みを感じている方が多くいます。ここでは、そうした悩みを持っている患者さん本人や患者さんを支える家族のために、リウマチはどんな痛みなのか、どうすれば痛みを抑えられるのかをお伝えしていきます。

リウマチはどんな痛みと症状があるのか

リウマチの痛みと症状

リウマチの痛みはどんな特徴があるの?

関節リウマチは、手足や膝、肩、腰など全身の関節組織が破壊され、関節の変形を起こしたり、腫れや痛みを感じたりする疾患です。関節の痛み方は、状態によって違い、鈍いジンジンとした痛みもあれば、耐えられないほどのズキズキとした激痛がすることもあります。症状が進むうちに、左右対称の関節に痛みが出やすいことが特徴です。また、初期から手指の関節に強いこわばりを感じ、動かしにくくなるという特徴もあります。こわばりは朝方の目が覚めたばかりの時間など、長期間同じ姿勢だったときに感じやすくなります。その他に、全身に現れる症状として、疲れやすくなったり、貧血になりやすくなったりします。

 

症状の進行クラス リウマチの症状は、末端の関節から始まり、次第に全身の関節へ広がります。症状がさらに悪化すると、痛みだけではなく、関節が変形してしまい、動かなくなってしまうことが問題です。リウマチの症状進行は、日常生活への影響を基準にして、以下の4段階に分類されています。

クラスI   日常生活にあまり影響はない。

クラスII    日常生活はできるが運動などに支障が出る。

クラスIII 日常生活の動作はできるが仕事などに支障が出る。

クラスⅣ 日頃の動作を含めて、ほとんどの行動が制限される。

 

このように、関節リウマチは症状が進行すると日常生活も大きく制限されてしまい、最悪の場合は寝たきりになってしまうこともあります。しかし、現在では有効な抗リウマチ薬や、生物学的製剤が開発されているため、きちんと治療を受ければ進行を防ぐことが可能です。また、症状の進行を防ぐことはできても、ふだん感じる痛みは耐え難いものです。そこで、リウマチ治療では痛みのコントロールも重要とされています。

リウマチに使用される痛み止め

リウマチの痛みを抑えるためには、ステロイドNsaids(エヌセイズ)などの痛み止めが使用されています。ステロイドは、痛みや炎症を強く抑える作用がありますが、副作用も強い痛み止めです。有効な治療法が見るかる前は、このステロイドで痛みを抑えることが治療の中心でした。現在では、症状の進行を防ぐ抗リウマチ薬が開発されたこともあり、ステロイドの使用は緊急時に限られています。Nsaidsは、ステロイドを使用していない痛み止めのことです。市販薬であるロキソニンなどが、このNsaidsに当てはまります。ステロイドに比べれば、副作用は少ないのですが、使い過ぎは身体によくありません。そのため、薬だけに頼らずに、痛みと向き合うこと方法を考えることが大切です。次はリウマチ患者さんの体験談を参考にしながら、治療に必要なことを考えていきましょう。

リウマチ患者さんの体験談

リウマチを治療するためには患者さん本人も、それを支える家族の方も、リウマチの症状について正しく理解することが重要です。とは言っても、どんな痛みがあるのかは、実際に体験した方でなければ想像しづらいものです。そこで、リウマチの治療を行っている方の体験談を紹介します。これらの体験談を通して、リウマチとの向き合い方を見つけていきましょう。

体験談1.40代 女性 強い痛みを感じていたが今は元気に

毎朝、手のこわばりが続いていることに気づき、前にテレビで見たリウマチの症状だと気づき、すぐに病院に行きました。最初のうちは不安で仕方ありませんでしたが、家族が家事を手伝ってくれ、病院にも毎回付き添ってくれたおかげで、何とかやっていけると思えるようになりました。家族の支えと早くから病院に行き治療を始めたおかげで、今では身の回りのことは不自由なく、こなせるまで回復できています。今でも薬は続けていますが、無理をしなければ病気になる前とほとんど変わりなく過ごせています。周りの方々にも、違和感に気づいたらすぐに検査を受けるように話しています。

体験談2.30代 女性 誰に相談していいか分からず不安だった

毎朝ズキズキとした強い痛みを感じて、病院で処方してもらった痛み止めではあまり効果がなく、悩んでいました。そのつらさを誰に相談すればいいのか分からずに困っていたところ、以前別の病気でペインクリニックに行ったことがあった方にすすめられて行くことにしました。リウマチ内科では受けられない痛み止めを受けられたことと、痛み方について真剣に話を聞いてくれたおかげで以前より楽に過ごせるようになってきました。

体験談3.40代 男性 まさか私がリウマチになるとは……

手が動かしにくかったり、足首に痛みを感じたりしたため病院で検査を受けました。最初は痛風かなと思っていたのですが、検査の結果はリウマチでした。リウマチはお年寄りの女性がなるものだと思い込んでいたため、全く気づきませんでした。それから本で勉強し、リウマチは喫煙やストレスが悪影響を与えると知り、 それまでの不摂生を反省しました。生活を変えたおかげか、痛みはありますがそれほど悪化することもなく、今でも仕事を続けられています。

痛みと付き合うにはどうすればいい?

上記の体験談の内容を参考にして、リウマチの痛みと付き合っていくための方法をQ&A方式でまとめました。

Q.痛みを抑えるために心がけることは?

A.毎日の生活を改善する

リウマチ治療は病院での投薬やリハビリだけではなく、日常生活から取り組む姿勢が大切です。無理をしない程度のストレッチを行い、十分な睡眠をとり、身体の健康を維持していきましょう。また、関節の炎症を和らげるためには、栄養補給も大切です。簡単に摂取できるサプリなども利用しながら、十分な栄養を摂取しましょう。自分では購入しづらい患者さんのために、ご家族がプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

Q.自宅でもできる痛みを止める方法は?

A.物理療法を行う

関節の痛みを和らげるためには、温めたり冷やしたりすることが効果的です。慢性的な軽い痛みなら温めることが適しています。特に朝方のこわばりなどは、温めることで治まりやすくなるため、40℃程度のお湯で手足を温めることがおすすめです。その逆で、腫れが激しく熱を持った強い痛みなら、冷やすことが有効です。スポーツ用のアイスバッグなど、持ちやすく痛みの強い部分だけを冷やしやすいものを用意しておくと良いでしょう。

Q.自宅の痛み止めで限界を感じたときは?

A.ペインクリニックを試してみましょう

リウマチ科で処方された痛み止めや、市販の痛み止めでは不十分な場合は、ペインクリニックの利用を検討してみましょう。ペインクリニックでは、麻酔医しか使用できない鎮静剤を投与してもらうことができます。また、痛みの専門家に相談することで現在の状況を把握しなおしたり、ストレスを軽減したりすることも重要です。

Q.周囲がすべきことは何ですか?

A.本人の痛みに寄り添う

リウマチ患者さんは痛みや日常生活への支障から、うつ病などの精神疾患にもかかりやすいことが報告されています。そのため、痛みと辛さをよく理解してあげることが必要です。心情にも寄り添いながら支えていきましょう。

リウマチの痛みは周囲の助けで支えていきましょう

リウマチの治療は長い時間がかかります。そのまま快方に向かう方もいれば、現状維持で精一杯な方もいます。どちらにせよ、日常生活では大きな負担がかかってしまうため、周囲の協力を得ることが重要です。リウマチ患者さん個人の問題だと思わずに、患者さんは周囲の方に事情を説明し、周囲の方は痛みを理解してしっかりと支えていきましょう。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。