• 2017年12月26日 リウマチサプリランキング
    リウマチや関節の痛みを和らげるおすすめミトコンドリアサプリ!
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節の腫れが治らない!症状ごとに異なる改善方法を知ろう
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節リウマチの初期症状は見逃し厳禁!主な症状や正しい治し方
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリって飲まなきゃダメ?昔との違いを知れば必要性が分かる!
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリはミトコンドリアサプリに注目!その驚くべき効果とは?
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    簡単便利!市販で妊活サプリを購入するメリットと注意点
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    シノビオリンが健康に悪影響!?関節リウマチの研究でわかった弊害とは
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    手指の腫れや痛みは要注意!原因を知って症状を緩和しよう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    肘が痛い原因とは?痛みの原因とリウマチに効くサプリの特徴
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    膝が痛い原因は加齢とは限らない!原因別の症状を知りましょう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    リウマチが治る可能性を上げる!?鍵を握っているシノビオリンの抑制

中高年になると、関節の痛みを訴える人が急増します。特に45歳を過ぎるあたりで、その比率が大きくなると言われています。その年代に近い人は、関節痛による悩みを耳にする機会も増えるでしょう。 痛みの原因は人それぞれですが、中高年の関節の痛みは、主に変形性関節症が原因と言われています。ここでは、その変形性関節症を発症する原因と、予防方法について紹介していきたいと思います。

変形性関節症とは、どんな病気か

変形性関節症は、45歳以下は男性に多く、55歳以上になると女性の割合が多くなると言われています。まずはどのような特徴があるのか、発症しやすい部位はどこかについて確認してみましょう。

変形性関節症の特徴

変形性関節症は、慢性の関節炎をともなう関節疾患です。関節に痛みや腫れが起こり、骨にも影響を及ぼします。 軟骨がすり減り、関節のクッション性が失われると、骨と骨の摩擦が大きくなります。その状態が続くと、軟骨内部の滑膜(かつまく)に炎症が起きたり、水が溜まり腫れあがったりすることがあります。症状が悪化すると、関節の痛みだけでなく骨にも影響がではじめます。骨棘(こつきょく)と呼ばれる骨の突起ができる、軟骨周辺の骨がかたくなるなど、関節の変形が現れます。 一度変形した関節は、もとには戻りません。しかし、初めのうちは限られた関節に痛みを感じるだけなので、治療せず放置してしまう方も多いようです。気づいた時には症状が進行していた、といったこともあるので早めに病院で治療をすることが重要です。

症状が起きやすい部位

全身のあらゆる関節で、変形性関節症が起きる可能性があります。発症すると日常生活に影響を与えやすい部位は、体を支える関節でしょう。それは、ひざ、股関節、背骨といった体重の負荷がかかる部分です。それぞれ、変形性膝関節症、変形性股関節症、変形性脊椎症のように、部位によってそう呼ばれています。 歳を重ねると、筋力の低下や体重の増加によって関節への負担が増えていきます。体を支える関節は、毎日負担がかかるため、年齢とともに軟骨のすり減り、痛みを感じることも多いのです。

変形性関節症の種類

変形性関節症は症状が起きた原因によって、一次性関節症と二次性関節症に分けられます。

 

【一次性関節症】

]一次性関節症は、原因がはっきりとしない関節症のことを言います。年齢や肥満などの要因が重なり発症すると考えられています。 年齢が高くなるにつれ患者が増えているのは、筋力が衰え、関節にかかる負担が大きくなることが原因かもしれません。体重を支える関節に負荷がかかると、変形性関節症のリスクが高くなるのです。ひざに症状がでる変形性膝関節症の多くは、この一次性関節症に分類されています。

 

【二次性関節症】

二次性関節症は、病気や怪我などが原因でなる変形性関節症。主な原因としては次のようなものがあげられます

 

・関節リウマチ・・・何らかの原因により、免疫システムが異常をきたし、自身の体を攻撃する病気。左手首と右手首といったように、左右の関節に痛みや腫れがみられます。起きた時に症状を強く感じることが多く、朝のこわばりが症状を確認するポイントになるようです。

 

・痛風・・・突然、足の親指の付け根に痛みが現れます。患部が赤く腫れ、熱を持ち動かすこともできないような激しい痛みがあるのが痛風発作です。放置していても症状はウソのように治まりますが、再発のリスクが高まります。再発すると、足の親指以外にも症状が現れるようになります。 ・骨折・・・骨折は、外傷が原因で起きることがほとんどです。例えば、転倒や転落、交通事故などが考えられます。また、小さな力が特定の部位に連続してかかることで骨折することもあります。これは、骨粗しょう症などで骨がもろくなったことが原因です。

変形性関節症を防ぐ方法は?

関節の痛みは、日常生活に影響を及ぼすため、できるだけ発症しないよう事前の予防が大切です。変形性関節症を含む、関節のトラブルを予防するためにはどのような方法が考えられるか、確認してみましょう。

一次性関節症の予防

明確な原因の分からない一次性関節症は、関節への負担を軽減することが予防となるでしょう。 筋力の衰えや肥満により、関節への負担が大きくなると発症リスクが高くなります。そのため、日頃から運動をして、筋力を維持し、体重コントロールすることが予防となるのです。筋肉は健康な人でも、加齢とともに萎縮していきます。トレーニングをせずに過ごしていると、徐々に筋力は低下していくのです。 筋力の向上や肥満防止に良いトレーニング方法に、ジョギングがあげられます。簡単に始めることのできるトレーニングですが、注意する点もあります。普段運動をしていない人が急にトレーニングを始めると、ひざを痛める原因となってしまいます。まずは、ウォーキングから始め、ひざに問題がないことを確認してから、ジョギングに移行するようにします。そして、少しずつ体を作っていきましょう。 また、トレーニングのときは関節への負担を軽減するために、クッション性の高い靴を履いてください。軟骨は、骨と骨の衝撃を和らげるクッションのようなものです。その軟骨を補助するためにも、クッション性の高い靴を履いて、ひざにかかる負担を軽減する必要があります。運動後はストレッチをして柔軟性を維持することや、アイシングなどのケアも大切なので忘れずに行うようにしましょう。

二次性関節症の予防

二次性関節症は、原因が一つではありません。そのため、原因にそって予防法を考える必要があります。

関節リウマチの予防

関節リウマチの予防方法には、禁煙、ウイルス感染の防止、腸内環境を改善していくことです。しかし、最近は「アンチノビン」というサプリメントも注目されました。 リウマチの研究の中で、「シノビオリン」という遺伝子が発見されています。この遺伝子は、加齢にともなう様々な体のトラブルに関わっていることが分かったのです。このシノビオリン遺伝子の働きを抑制することを考えたサプリメントが、「アンチノビン」なのです。 アンチノビンは、体のふしぶしの違和感など、加齢によるトラブルに最適な成分を厳選して配合されています。そのため、階段の昇り降りが辛くなってきた、朝のこわばりが気になるといった人のための補助食品として注目されているのです。

痛風の予防

痛風予防に最も効果的なのは、生活習慣の改善です。痛風の治療では、尿酸値の改善が行われます。そのため、日頃から尿酸値を上げすぎない生活を意識することが大切といえるでしょう。 生活習慣の改善として、肥満を解消することで尿酸値は下がります。肉や魚の内臓といったプリン体の多い食品を避け、過食に注意しましょう。そして、食事だけでなく、軽い有酸素運動が肥満解消に効果的です。 アルコールが好きな人は、飲む量にも注意しましょう。アルコールには、それ自体に尿酸値を高める作用があります。プリン体カットビールだからといっても、油断して飲み過ぎたら意味がありません。飲むとしても、ビールなら500ml、日本酒なら1合といったように適量を心がけてください。 また、1日2L以上の水を飲むようにして、できるだけ尿酸を排出するようにしましょう。清涼飲料水は尿酸値を上げる要因となるため、よくアルコールを飲む人は控えてください。

骨折の予防

骨折予防には、カルシウムを十分に摂る、体内のビタミンDを増やす、軽い運動をするといった方法があります。 歳を重ねると、骨粗しょう症が骨折の原因となるケースが増えてきます。骨が弱くなると、転倒だけでなく、重いものを持ち上げた時に、背中や腰の骨が骨折することもあるのです。そのため、食生活としてカルシウムの豊富な食品を摂るようにしましょう。牛乳、乳製品以外にも、小魚や緑黄色野菜などを食事にとり入れてください。 日中の散歩も効果的です。カルシウムの吸収を良くするためには、体内のビタミンDを増やす必要があります。ビタミンDは食事やサプリメントでも摂取できますが、日光浴をすることで、皮膚でビタミンDが合成されます。そして、カルシウムの吸収を良くするためにも、適度な運動も必要となります。 1日30分程度、日中に散歩をすると体内のビタミンDが増えて、骨が弱くなるのを防止できます。

変形性関節症は事前の予防が大切!

関節が痛む原因は、骨にかかる負荷が増加したこと、病気などが原因であることが考えられます。病気の予防に関しては、症状によって方法は違いますが、根底となるのは食事運動のようです。過食を避けバランスのよい食事を心がける、適度な運動をして筋肉と骨を鍛えることが大切なのです。仕事などで、どうしても偏食ぎみになる場合は、サプリメントを利用して不足した栄養を補助するのも良いでしょう。 関節の痛みは一度発症すると、長く付き合うことになるケースも少なくありません。快適な生活を続けるためにも、生活習慣を見直し、健康的な体を作っていきましょう。

関連キーワード
リウマチコラム】の関連記事
  • 関節の腫れが治らない!症状ごとに異なる改善方法を知ろう
  • 関節リウマチの初期症状は見逃し厳禁!主な症状や正しい治し方
  • 簡単便利!市販で妊活サプリを購入するメリットと注意点
  • シノビオリンが健康に悪影響!?関節リウマチの研究でわかった弊害とは
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。