• 2017年12月26日 リウマチサプリランキング
    リウマチや関節の痛みを和らげるおすすめミトコンドリアサプリ!
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節の腫れが治らない!症状ごとに異なる改善方法を知ろう
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節リウマチの初期症状は見逃し厳禁!主な症状や正しい治し方
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリって飲まなきゃダメ?昔との違いを知れば必要性が分かる!
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリはミトコンドリアサプリに注目!その驚くべき効果とは?
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    簡単便利!市販で妊活サプリを購入するメリットと注意点
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    シノビオリンが健康に悪影響!?関節リウマチの研究でわかった弊害とは
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    手指の腫れや痛みは要注意!原因を知って症状を緩和しよう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    肘が痛い原因とは?痛みの原因とリウマチに効くサプリの特徴
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    膝が痛い原因は加齢とは限らない!原因別の症状を知りましょう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    リウマチが治る可能性を上げる!?鍵を握っているシノビオリンの抑制

関節リウマチは、前触れなく突然発病する恐れがある病気です。初期症状として、手指の関節が腫れたり痛みを生じたりすることがあるので、そのような症状がみられる場合は早めに検査をし、薬物治療を行う必要があります。 しかし、薬物治療ではどのような薬品を使うのか、どのような副作用があるのかなど気になることもたくさんあります。そのような方のために、関節リウマチに使用される薬物治療についての情報をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

抗リウマチ薬で寛解(かんかい)を目指せる

抗リウマチ薬は、関節リウマチの炎症を抑えて寛解(症状や兆候の消失)を目指す薬の総称です。すぐに効果が現われる薬ではありませんが、関節リウマチの進行を阻止する可能性があるとされています。

抗リウマチ薬について

活動性の高い関節リウマチの治療に不可欠と言われているのが、抗リウマチ薬です。有効率も高く、30%~70%とされています。しかし、服用を開始してから2ヶ月~3ヶ月後に効果が現われるということもあり、遅延性が高いのも特徴です。効果が現われないこともあるので、その場合は他の薬剤と併用するか、薬剤切り替えという選択をする必要があります。 抗リウマチ薬には内服薬の他に、注射薬もあります。内服薬は適切な量を摂取しないと重い副作用が起こる恐れがあるため、しっかりと服用量を守る必要があります。

主に使われている抗リウマチ薬の紹介

【メトトレキサート】

 

・特徴

関節リウマチの治療で中心的な役割を果たす薬剤です。抗リウマチ薬の中では比較的効果の発現が早く、その期間は1ヶ月~2ヶ月ほどです。他の抗リウマチ薬であるタクロリムスと併用することにより、更に有効性が高くなります。メトトレキサートには免疫抑制の効果もあるため、正常な細胞に良くない影響を与えることもあり、さまざまな副作用を起こしてしまう場合もあります。

 

・副作用

間質性肺炎、骨髄障害、肝障害、腎障害、腸炎、感染症など

 

・注意点

服用方法:医師の話を聞いて薬の性質を理解してから飲む。服用スケジュールを守る。

飲み合わせ:他の薬と併用すると作用が高まることもあり、副作用が出やすくなるので医師に確認してから併用する。

日常生活:皮膚が敏感になるため日光を避ける。アルコールやタバコは控える。

抗炎症剤で普段の生活を楽に

抗炎症剤では関節リウマチの進行を抑えることはできませんが、患者さんの普段の生活を助けるのに役立ちます。症状の重さによって「非ステロイド抗炎症薬(消炎鎮痛薬)」と「ステロイド」のどちらかが使用されます。

消炎鎮痛薬について

炎症を引き起こす原因である物質の生産を抑えることができます。これにより、関節の痛みや腫れを軽減することができるのです。いわゆる「痛み止め」です。以前は強い副作用がみられることもありましたが、現在は副作用が出にくくなるタイプの薬剤も使用されるようになっています。少々効果が弱まりますが、それに伴い副作用も少なくなるのです。そして、消炎鎮痛薬には、内服薬や坐薬、皮膚に直接貼るパップ剤などさまざまな種類があるため、薬剤によっては出勤前やお出かけ前に使用することができ、痛みを軽減させることができます。

主に使われている消炎鎮痛薬の紹介

【アスピリン】

 

・特徴

解熱鎮痛薬として昔から使われている薬です。熱や喉の痛みにも効果があるため、風邪にも使用されています。市販の頭痛薬にも使用されているので、比較的身近な薬と言えるでしょう。このように、アスピリンはいろいろな病気の痛み止めとして使用されているのです。

 

・副作用

胃潰瘍、消化性潰瘍、発疹、喘息発作、肝障害、腎障害など

 

・注意点

服用方法:医師の話を聞いて薬の性質を理解してから飲む。服用スケジュールを守る。

飲み合わせ:他の抗血栓薬と併用すると相互作用で出血する恐れがある。

日常生活:出血が止まりにくくなることがあるので、怪我やその他の治療予定に注意。アルコールやタバコは控える。

ステロイドについて

ステロイドは、強力な抗炎症作用と、鎮痛作用を持ち合わせています。免疫抑制作用もあるので、関節リウマチにも使用されることがありますが、効果は限定されるため補助役として使用される抗炎症剤です。開発当初は強い副作用が出ていたため、しばらく経つと利用されなくなりました。その後、多くの研究が重ねられ、副作用を最小限に抑えることができるようになりました。現在は、再び関節リウマチの治療でも使用されるようになっています。

主に使われているステロイドの紹介

【ヒドロコルチゾン】

 

・特徴

炎症を沈める作用や、免疫抑制の作用がある薬です。持続性は高くありませんが、炎症性や免疫系、アレルギー性の病気にも効果があるため、関節リウマチだけでなく膠原病や酷い喘息などでも使用されています。体内に存在するコルチゾルというホルモンと同じものではありますが、内服薬として使用されることはほとんどありません。

 

・副作用

副腎不全、ウイルス性肝炎、浮腫、血圧上昇、脂肪の異常沈着など ※服用量や服用期間によって異なります。

 

・注意点

服用方法:服用スケジュールを守る。長期間服用する場合は自分の判断で急に服用をやめない。

飲み合わせ:抗けいれん薬や結核の薬と併用すると効果が弱まることがある。糖尿病の薬や抗凝血薬と併用すると相互作用で副作用が高まる恐れがある。

日常生活:大量に服用する場合は感染症にかかりやすくなるので、手洗いうがいをこまめに行う。外出時はマスクをし、人混みを避けて歩く。

関節リウマチに有効性が高い生物学的製剤

科学的に合成した薬とは異なり、身体が作る物質を薬物として使うのが生物学的製剤です。特に関節破壊を抑制する効果が強く、早期のリウマチ治療に向いています。

生物学的製剤について

最先端のバイオテクノロジー技術により誕生した薬のため、治療で使用するとなると高額な費用がかかりますが、抗リウマチ薬よりも有効性があると期待されています。しかし、免疫の低下により細菌性肺炎や結核などの重症感染症にかかってしまう恐れもあるので、服用中に発熱や咳の症状が現われたらすぐに担当医に検査をしてもらいましょう。 生物学的製剤は内服薬だけでなく、点滴として使用するタイプのものもあります。

主に使われている生物学的製剤の紹介

【レミケード】

 

・特徴

レミケードは関節リウマチの炎症を抑える抗体製剤です。炎症反応は生体内物質の働きにより起こるものなので、その働きを抗体によって抑えます。即効性があり、投与して6週間後には痛みや腫れといった症状が治まる方もいます。また、レミケードを投与した際、効果を弱めてしまう抗体も一緒に発生することもあるため、その発生を抑える内服薬と併用する必要があります。しかし、近年では投与間隔を狭めたり、増量したりも可能になったため、効果が弱まるという状態は減少しています。

 

・副作用

発疹、感染症、結核、脱髄疾患、間質性肺炎、肝機能障害など

・注意点

服用方法:服用スケジュールを守る。服用間隔は初回投与から2週間後・6週間後・8週間後。1回の点滴投与時間は2時間ほど。

飲み合わせ:メトトレキサートと併用して飲むことで安全性を確保できるが、医師にリスクやメリットを判断してもらう必要がある。他の抗リウマチ薬との併用は不可。

日常生活:感染症にかかりやすくなるので、手洗いうがいを行う。外出時はマスクをし、人混みを避けて歩く。

リウマチ治療の最終手段として使われるJAK阻害剤薬

JAK阻害剤薬は、細胞内のシグナル伝達回路を阻害し、刺激が伝わるのを遮断して炎症を抑える薬です。

JAK阻害剤薬について

冒頭で紹介した抗リウマチ薬による治療では不十分と判断された場合に使用されるのが、JAK阻害剤薬です。JAK阻害剤薬は、関節の症状軽減や、血液検査での炎症反応改善といった作用があります。そして関節破壊の症状も抑制できる薬です。

主に使われているJAK阻害剤薬の紹介

【ゼルヤンツ】

 

・特徴

比較的新しいタイプの治療薬で、関節リウマチの症状を引き起こす物質の働きを抑えることができる薬です。口から体内に取り入れる内服薬があります。 ゼルヤンツを服用している方の半数以上が、3ヶ月後には痛みや腫れなどの症状改善がみられ、早いと服用後1週間で痛みが軽くなったと実感するという方もいるようです。

 

・副作用

結核、肺炎、感染症、帯状疱疹、肝機能障害

 

・注意点

飲み方:服用スケジュールを守る。状態によって服用量が変わるので医師の判断をしっかりと聞く。服用を忘れた場合は気づいた時点で1回分を服用。

飲み合わせ:グレープフルーツジュースと一緒に服用すると血中濃度が高まり、副作用が出やすくなる恐れがあるので注意が必要。

日常生活:貧血の症状がみられることがあるが、鉄分不足ではないためサプリメントの服用では改善しない。貧血の症状が現われたらすぐに医師に相談する。

関節リウマチの薬物治療で進行を抑えて痛みを軽減

関節リウマチは、完全に治すということはできませんが、症状にあわせて「抗リウマチ薬」「抗炎症剤」「生物学的製剤」「JAK阻害剤薬」などを使った薬物治療を取り入れることで、進行や痛みを抑えることができます。そのため、「関節リウマチかもしれない」と感じたらすぐに医師に相談して進行を抑えることが大切なのです。手指の関節に痛みや腫れが現われた際は、必ず関節リウマチの検査を受けましょう。 一刻も早い治療が、関節リウマチを寛解(かんかい)へと導いてくれるでしょう。

関連キーワード
リウマチコラム】の関連記事
  • 関節の腫れが治らない!症状ごとに異なる改善方法を知ろう
  • 関節リウマチの初期症状は見逃し厳禁!主な症状や正しい治し方
  • 簡単便利!市販で妊活サプリを購入するメリットと注意点
  • シノビオリンが健康に悪影響!?関節リウマチの研究でわかった弊害とは
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。