• 2017年12月26日 リウマチサプリランキング
    リウマチや関節の痛みを和らげるおすすめミトコンドリアサプリ!
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節の腫れが治らない!症状ごとに異なる改善方法を知ろう
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節リウマチの初期症状は見逃し厳禁!主な症状や正しい治し方
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリって飲まなきゃダメ?昔との違いを知れば必要性が分かる!
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリはミトコンドリアサプリに注目!その驚くべき効果とは?
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    簡単便利!市販で妊活サプリを購入するメリットと注意点
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    シノビオリンが健康に悪影響!?関節リウマチの研究でわかった弊害とは
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    手指の腫れや痛みは要注意!原因を知って症状を緩和しよう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    肘が痛い原因とは?痛みの原因とリウマチに効くサプリの特徴
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    膝が痛い原因は加齢とは限らない!原因別の症状を知りましょう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    リウマチが治る可能性を上げる!?鍵を握っているシノビオリンの抑制

近年メディアでも盛んに取り上げられ、注目を集めているミトコンドリア。このページでは、そのミトコンドリアを活性化させてくれるサプリについて解説します。ミトコンドリアサプリが市販されているのか、どこで買うのがおすすめなのかも解説中です。ですが、ミトコンドリアの役割を知らない方も多いはず。そこで、まずはミトコンドリアの驚くべき力について説明します。

ミトコンドリアの重要さ

ミトコンドリアって何?

そもそもミトコンドリアとは一体何なのでしょうか?ミトコンドリアは、全身の細胞に含まれている細胞小器官の一種です。一つの細胞に数百から数千も存在していて、なんと人体の重量の10%程度を占めているとも言われています。なぜこれだけ、たくさんの量が存在しているのか?それは、ミトコンドリアが「体を動かすエネルギー」を作っているからです。体を動かすと言っても、スポーツなどの激しい運動のことだけではなく、睡眠中も含めた人体のあらゆる活動で消費されています。より詳しく説明すると、ミトコンドリアは細胞に入った栄養素と酸素から「ATP」というエネルギーを生み出すことが役割です。こうして作られたATPは、新しい細胞を生み出したり、古い細胞を修復したりする役割も果たしています。つまり、ミトコンドリアは細胞の代謝や老化をつかさどっているとも言える重要な存在なのです。

ミトコンドリアの量は一定ではありません

このように大変に重要な役割を果たしているミトコンドリアですが、実は加齢とともに徐々に機能がおとろえたり、減少してしまったりします。なぜ年を取ると疲れやすくなったり、息が上がりやすくなったりするのか、疑問に思ったことはありませんか?これは、ミトコンドリアがおとろえることが関係しています。おとろえたミトコンドリアは、生み出せるエネルギーが減ってしまうため、体を動かすエネルギーが不足してしまうのです。さらに、ミトコンドリアはエネルギーを生み出していますが、そのときに細胞を劣化させる活性酵素も生み出してしまいます。おとろえたミトコンドリアは、活性酵素を多く出すようになってしまうため、より体の老化を早めてしまうのです。そのため、健康や若さを保つためには、ミトコンドリアを活性化させてあげなければなりません。そして、その方法の一つが、「ミトコンドリアサプリ」の摂取というわけなのです。

ミトコンドリアサプリのメリット

ミトコンドリアが体に必要なエネルギーを生み出すこと、そしてミトコンドリアを活性化させるために、ミトコンドリアサプリの摂取が役立つことが分かりました。しかし、サプリを摂ることで具体的にどのようなメリットがあるのか、という疑問の答えとしてはまだ不十分です。次はミトコンドリアサプリのメリットを紹介します。

妊活サプリとして大人気

ミトコンドリアが細胞の老化に関わっていることは、卵子のもとになる生殖細胞の老化にも関わっているということです。つまりミトコンドリアを活性化させれば、卵子の質を高めることができ、妊娠しやすい状態に整えることができます。さらにミトコンドリアのパワーによって、代謝や免疫力を高めることができるため、妊娠や出産のために必要な体力をサポートしてくれるのです。さらに精子も生殖細胞から作られるため、女性だけではなく男性の妊活用としても人気を集めています。

ダイエット用サプリとしても注目を集めている

ミトコンドリアサプリが注目を集めているのは、若さの維持や妊活だけではありません。先ほど、ミトコンドリアの減少が疲れやすさや息が上がりやすくなる原因ということを説明しましたが、年を取って太りやすくなることも同じ理由なのです。ミトコンドリアが減り、代謝が下がってしまうということは、体に溜まった余分な栄養素を消費できなくなってしまうということでもあります。そのため、ミトコンドリアを活性化させることはダイエットでも重要です。体に吸収した栄養素が脂肪に変わる前にエネルギーとして使ってしまえば、太る原因を取り除くことができます。妊娠中の体重増加が気になる方や、美容や健康のために体重を維持したい・減らしたい方を無理なくサポートしてくれます。 このように、健康の維持に重要なミトコンドリアサプリ。現在では、店頭で販売されている市販のものから、ごく一部でしか取り扱っていないものまで、様々なサプリが開発されています。次はミトコンドリアサプリの購入方法を確認していきましょう。

ミトコンドリアサプリを購入する方法

ミトコンドリアサプリはどこで購入するのが良いのでしょうか?ミトコンドリアサプリの購入方法と、それぞれのメリットを解説していきます。

ミトコンドリアサプリを購入できる場所

ミトコンドリアサプリはドラッグストアなど、店頭でも市販されていますが、他の手段でも購入可能です。もっと正確な言い方をすると、店頭では市販されていない人気サプリも多くあります。こうした店頭で市販されていないサプリは、ネット通販や美容系のクリニックなどでの購入が可能です。これらの購入方法には、市販されていないサプリを購入できる他にも、いくつかのメリットがあります。

購入方法によるメリットの違い

クリニックでの購入

まずはクリニックで購入するメリットを紹介します。クリニックというと、薬の処方を行っているイメージしかない方もいるかもしれません。しかし、実は健康や美容をサポートするために、サプリの販売を行っているクリニックも多くあります。特に、妊活やダイエットなどでおすすめされているミトコンドリアサプリは、美容系のクリニックでも大人気です。クリニックでは、他のサプリとの飲み合わせや総合的なケアについて相談できるため、現在通っているクリニックで扱っている場合におすすめできます。

通販サイトでの購入

次に通販サイトを利用して購入するメリットを紹介します。通販サイトのメリットは、気軽で便利に利用できることです。ネットで簡単に注文でき、自宅まで届けてもらえるため、欲しいサプリをわざわざ探しに行くことなく購入できます。また、サプリの販売元が運営している公式の通販サイトなら、情報量の豊富さや、サービスの丁寧さも期待できるため、特におすすめです。在庫の入荷も気にせず、取り扱いが少なかったり、店頭では扱っていなかったりするサプリも購入可能です。そして、通販で購入できるミトコンドリアサプリのなかでも、特におすすめしたいサプリがあります。それが、次世代型ミトコンドリアサプリ「ミトコリン」です。

おすすめ次世代サプリ・ミトコリン

ミトコリンの特徴

ミトコリンは、遺伝子レベルでケアできる最新技術に注目して開発された「次世代型ミトコンドリアサプリ」です。開発監修は、リウマチ研究で知られている中島利博教授。リウマチに関係する遺伝子「シノビオリン」の発見・研究の結果、シノビオリンはミトコンドリアの活動を抑制することを発見し、ミトコリンの開発にたどり着きました。選び抜かれた原料から抽出された「ミトアップハーバルエキス」により、ミトコンドリアに直接働きかけることができます。卵子、精子両方のもととなるミトコンドリアに働きかけるので、男女ともに使用可能です。もちろん、ミトコリンが働きかけるミトコンドリアは、卵子や精子に限ったものではありません。全身のミトコンドリアに働きかけてくれるため、美容・健康目的の使用にも最適なサプリと言えるでしょう。

安全性への配慮

ミトコリンをおすすめしたい理由は、最新技術に注目しているから、という理由だけではありません。安全性にも、しっかりと配慮されていることも大きな理由です。ミトアップハーバルエキスの原料は、すべて安全性が確認されている成分のみを使用しています。さらに、合成着色料や保存料も不使用で、GMPを取得した国内工場で生産された安全第一のサプリです。妊活中はもちろん、妊娠中に飲んでも大丈夫なように考え抜かれたサプリとして人気を集めています。

ミトコンドリアサプリで健康を維持しましょう

健康と若々しさを維持するためには、ミトコンドリアの役割を見直すことが必要です。そして、ミトコンドリアを活性化させる近道が、ミトコンドリアサプリです。あなたもミトコンドリアの量を増やし、そして質を高めることで、体を細胞単位で維持していきましょう。

 

 

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。