• 2017年12月26日 リウマチサプリランキング
    リウマチや関節の痛みを和らげるおすすめミトコンドリアサプリ!
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節の腫れが治らない!症状ごとに異なる改善方法を知ろう
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節リウマチの初期症状は見逃し厳禁!主な症状や正しい治し方
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリって飲まなきゃダメ?昔との違いを知れば必要性が分かる!
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリはミトコンドリアサプリに注目!その驚くべき効果とは?
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    簡単便利!市販で妊活サプリを購入するメリットと注意点
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    シノビオリンが健康に悪影響!?関節リウマチの研究でわかった弊害とは
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    手指の腫れや痛みは要注意!原因を知って症状を緩和しよう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    肘が痛い原因とは?痛みの原因とリウマチに効くサプリの特徴
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    膝が痛い原因は加齢とは限らない!原因別の症状を知りましょう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    リウマチが治る可能性を上げる!?鍵を握っているシノビオリンの抑制

あなたは関節が痛くなると「軟骨がすり減ったのかな?」と骨が原因だと考えていませんか?もちろん膝の軟骨がすり減って関節のクッションがなくなると痛みを感じやすくなりますが、全ての関節の痛みは骨だけが原因ではありません。細菌の侵入や免疫異常や合併症など原因は様々です。今回は関節が炎症を起こす『関節炎』について、いろいろな症状や原因を紹介します。老若男女問わず発症の可能性のある関節炎、手足が痛いとただでさえストレスのたまる仕事や家事が余計に苦痛に感じます。詳しく知って正しい治療方法を行うことで早期改善が見込めることでしょう。

関節炎の症状

そもそも関節炎とは?

関節炎とは、外傷以外の原因で、関節の炎症をきたす病気の総称です。そのため、一口に関節炎と言っても、その中には様々な病気が含まれており、しっかりと原因を究明することが大切です。

関節炎の症状って?

関節炎の局所症状としては主に以下の4つがあげられます。

・疼痛(ズキズキ痛むこと)

・関節の腫脹(炎症や腫瘍が原因で体の一部が腫れあがること)

・浮腫(細胞の隙間などに水分が停滞し痛みを伴わずに腫れること)

・関節水腫(関節腔内に体液がたまること)

 

上記以外にも、関節炎の影響が全身に及んだ場合、発熱や体重減少などの症状が現れることもあります。

関節炎の原因となる病気と治療法~大人編~

では、関節炎はどうして起きるのでしょうか。誰にでも起こりうる関節炎の原因と特徴、検査方法や対策を学びましょう。

関節炎が発生する病気その1【細菌性関節炎】

急性化膿性関節炎とも呼ばれ、もともとは無菌状態である関節に、外傷あるいは血液を通して細菌が侵入することで生じる病気です。細菌性関節炎は急速な進行で関節を破壊しますので早急な対応が必要です。

<症状>

関節内に白血球、浸出液が増え、関節が腫れ赤くなる <原因>細菌(主に黄色ブドウ球菌)の侵入

 

<検査方法>

関節液を採取し細菌の種類を調べる

 

<対策>

抗生物質の投与、症状が重い場合は手術で膿を吸引・切除

関節炎が発生する病気その2【関節リウマチ】

免疫異常により、主に手足の関節に激しい痛みや腫れが生じる病気です。炎症が起きると軟骨や骨が破壊され、進行すると関節の機能が損なわれ関節が変形することもあります。左右の同じ関節で同時に症状が出やすいという特徴があり、全身で3か所以上の関節炎がある場合は関節リウマチの可能性が高いと言われています。

<症状>

初期には熱っぽさ、だるさを感じ、朝方に関節の周囲がこわばる 進行すると小さな関節から腫れ徐々に全身に広がる

 

<原因>

免疫異常 <検査方法>関節の腫れと、画像診断で骨病変を確認 <対策>薬物療法、手術やリハビリ

関節炎が発生する病気その3【痛風】

急性関節炎、痛風結節、尿路結石などの多臓器障害をきたす代謝疾患です。急速に発症する関節炎で、足の指に発症することが多いため気づいたときには歩行困難となります。通常他の関節には広がらず、一か所の関節炎として発症することが多いです。

 

<症状>

足の指の疼痛、腫脹、皮膚の発赤など

 

<原因>

尿酸値の上昇による、尿酸ナトリウム結晶の血管周辺組織への沈着

 

<検査方法>

尿検査による尿酸値測定 <対策>発作時は鎮痛剤の使用、発作の予防には薬物療法

関節炎が発生する病気その4【偽痛風】

痛風と似た症状が出ますが、足の指ではなく膝や足首などの比較的大きな関節に炎症が起きることが特徴です。また60歳以上の年齢の高い人に多くみられます。

 

<症状>

膝や足首の疼痛、腫脹、皮膚の発赤など

 

<原因>

ピロリン酸カルシウム結晶の沈着 <検査方法>レントゲン撮影で膝関節半月板の石灰化確認 関節液の中にピロリン酸カルシウムを確認 <対策>消炎鎮痛薬の使用、ステロイド薬やヒアルロン酸を注射

関節炎が発生する病気その5【乾癬性関節炎】

皮膚の病気である乾癬に合併して起こる病気です。関節リウマチと似た症状も出ますが、乾癬の症状も同時に現れることもあります。

 

<症状>

皮膚、爪に乾癬が認められ、手足の関節、脊椎、仙腸関節などに炎症が生じる <原因>免疫異常

 

<検査方法>

血液検査、レントゲン撮影

 

<対策>

非ステロイド性鎮痛消炎薬を使用

関節炎の原因となる病気と治療法~子供編~

上記で紹介した関節炎の病気は、比較的年齢の高い人がかかりやすいとされています。しかし、関節炎は大人だけでなく子供でも発症することがあります。

関節炎が発生する病気その1【若年性突発性関節炎(JIA)】

子供の関節炎として代表的なもので、16歳未満の子供に発症します。6週間以上症状が続くとJIAと診断されます。

 

<症状>

関節が痛む、腫れる、熱を持つ、赤くなるなどして関節を動かしにくくなる。全身型JIAと呼ばれるタイプでは、主に発熱や皮疹など

 

<原因>

不明

 

<検査方法>

血液検査、造影MRI、関節超音波検査など <対策>発作時は鎮痛剤の使用し、発作の予防には薬物療法 早期にステロイドや免疫抑制薬などの薬物治療などを受けることで予後が良好

関節炎が発生する病気その2【単純性股関節炎】

3歳~12歳の男児に多く、朝起きたときに痛くて動けないなど、突然股関節に痛みが生じる病気です。レントゲンでも特に異常がみられず原因不明ですが、なるべく歩かず股関節の安静を保つことで、1週間程度で自然に治るケースがほとんどです。

 

<症状>

片方の股関節に痛みが生じ、歩行の際に足を引きずる

 

<原因>

不明

 

<検査方法>

超音波検査

 

<対策>

なるべく歩かず安静にする、水が溜まって重症の場合は注射器で吸引  

関節炎は経過を知らせることが大事

「関節が痛い」「節々が痛い」という状態で病院を訪れると、すぐにレントゲン撮影や血液検査をされることがしばしばありますが、関節炎に理解の深い医師であれば問診と触診を最も重要視します。 問診では痛みを感じる関節がどこか、いつ始まったのか、どんな経過をたどり何時間続いているのか、などを確認します。関節の周りには筋肉や腱が複雑に入り組んでいますので、関節以外の組織の痛みが伝わっている場合もあり、「関節が痛い」という状態が必ずしも関節炎とは限らないからです。また、発熱や体重の減少など、関節以外の症状も判断材料としては欠かせません。 病院にかかるときは、なるべく細かく発症からの経過を知らせることが症状改善への近道です。

関節炎の原因は様々なものがある

いかがでしたか?関節炎は骨の痛みだけではなく、様々な原因が潜んでいたことがお分かりいただけましたでしょうか。関節炎は突然襲ってくるタイプもあれば、発熱などから徐々に症状が現れるものもあります。いずれも早期に治療を開始することで重症化を抑えることができます。少しでもおかしいと思ったら、早めに医師の診察を受けましょう。また、近年注目されているのが「シノビオリン」という遺伝子です。シノビオリン配合のサプリメントで関節リウマチの症状である手指のこわばりが改善されたというアンケート結果が出ています。生活習慣を見直すとともにサプリメントを摂取することで関節炎の症状は和らぐことでしょう。

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。