• 2017年12月26日 リウマチサプリランキング
    リウマチや関節の痛みを和らげるおすすめミトコンドリアサプリ!
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節の腫れが治らない!症状ごとに異なる改善方法を知ろう
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節リウマチの初期症状は見逃し厳禁!主な症状や正しい治し方
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリって飲まなきゃダメ?昔との違いを知れば必要性が分かる!
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリはミトコンドリアサプリに注目!その驚くべき効果とは?
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    簡単便利!市販で妊活サプリを購入するメリットと注意点
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    シノビオリンが健康に悪影響!?関節リウマチの研究でわかった弊害とは
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    手指の腫れや痛みは要注意!原因を知って症状を緩和しよう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    肘が痛い原因とは?痛みの原因とリウマチに効くサプリの特徴
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    膝が痛い原因は加齢とは限らない!原因別の症状を知りましょう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    リウマチが治る可能性を上げる⁉鍵を握っているシノビオリンの抑制

 

かかとは体重と地面からの衝撃を支えるため、少しの痛みでも気づきやすい部位となります。

歩き方や靴の選び方などが原因で、一時的に痛みを感じるなら原因を解決しやすいでしょう。しかし、原因がわからない痛みが慢性的に続くのであれば、医師に相談するのが良いでしょう。

 

ここでは、かかとが痛くなる原因と、症状をひきおす病気について調べていきます。

かかとが痛い・・・実はトラブルが多い場所

歳を重ねると、体力や健康維持のために、ランニングやウォーキングを行う人もいるでしょう。立つ、歩くといった日常的に当然のように行っている行動でも、突然足裏に痛みが走ることがあります。一時的なものなら良いですが、何度も痛みを感じる人は注意が必要です。

 

人が立ったり歩いたりするときは、つま先よりもかかとの方に、体重や地面からの衝撃がかかると言われています。割合にすると、つま先に3割、かかとに7割とされ、わずかな面積で多くの衝撃を受け止めているのです。

 

かかとは、足のバランスを取るうえで重要な役割を持っています。アキレス腱でふくらはぎの筋肉につながっているので、靭帯や大きな神経など、動きや感覚を伝えるうえで、大切な部位となるのです。 生活や、運動で日常的に負担がかかるため、色々なトラブルがおきます。軽い炎症がおきただけでも、不快感の強い痛みとして、生活の妨げとなるでしょう。

原因不明なかかとの痛み

かかとを強く打ちつけたりキズをつけたりしたのであれば、足裏が痛い原因は明らかです。

しかし、特に思い当たる理由がないのに、慢性的にかかとが痛い場合は、なにが原因となるのでしょうか。

まずは痛みを感じる場面を確認してみましょう。

病院でよく相談されるかかとの痛み

・席を立つときや、歩きはじめる時に痛くなる

・階段を上るときなど、つま先側に体重をかけると、かかとが痛くなる

・長時間立っていると、足がつかれる前に、かかとが痛くなる

・常に何かを踏んでいるような違和感がある

・かかとを押すと激痛が走る場所がある

・痛みが消えたかとおもうと、また痛くなる

 

など、不規則で繰り返す痛みがある このような症状が慢性的に続くようなら、何かしら病気を発症しているかもしれません。有名なものだと、足裏の筋肉が硬くなることでおこる、足底筋膜炎(そくていきんまくえん)があります。

しかし、かかとの痛みを感じる病気はそれだけではないので、長期的に痛みや不快感がある人は、一度医師に相談した方がいいかもしれません。

日常生活でかかとが痛くなる原因

かかとのトラブルは、生活に影響が出ることも多く、病気なのでは?と不安になる人も多いでしょう。

しかし、病気が原因ではなく、歩き方や選んでいる靴など、私達の生活がかかとを痛める原因となっているかもしれません。

かかとの痛みを引き起こす5つの原因

原因1.歩き方

正しい歩きかたは、つま先、足の指の付け根、かかとの3点で体重を支えています。また、衝撃をちゃんと吸収するためには、ひざを伸ばしきらず、軽く曲げて歩くことが必要です。

 

最近はつま先をあげて、かかとから歩く人が多いと言われています。そういった歩きかたは、かかとへの衝撃が強くなってしまします。O脚やX脚など、重心が偏る歩き方も要注意です。重心が不安定になり、衝撃を上手く吸収できません。足にかかる負担が大きくなり、足を痛めてしますのです。

原因2.靴の問題

現代の生活は、アスファルトやコンクリートで舗装された、地面を移動することが多くなります。靴底が固い人は、歩行時の衝撃をそのまま足裏に伝えるため、かかとが痛くなりやすいのです。 女性の場合、ヒールの高い靴を履くことも多いでしょう。足を綺麗にみせることができますが、健康面ではあまり良い靴ではありません。足に異常がある場合は、症状が悪化することもあるので注意してください。

原因3.筋力の低下

30代後半や40代以降の人は、加齢とともに筋肉が衰えたことも、かかとが痛くなる原因となります。運動不足や、長時間のデスクワークなどで、筋肉が使われないと、だんだん柔軟性が失われます。硬くなった筋肉が収縮すると、筋肉の間にある神経が圧迫され、しびれや痛みを感じるのです。また、行動する際に、硬くなった筋肉が引っ張られることで、炎症を起こしやすくなります。

原因4.肥満

運動不足や食べ過ぎにより、体重が増加すると、体への負担を大きくします。30代~60代の中高年の男性では3人に1人と言われています。中高年が太りやすくなるのは、食べ過ぎや運動不足だけが原因ではありません。これは男女を問わず、加齢により、基礎代謝が落ちるためです。そのため、以前と変わらない生活をしていても、体重がどんどん増加するのです。体重が増加すると、腰や足にかかる負担が大きくなるので注意してください。

原因5.姿勢

前かがみの姿勢や、腰のそらしすぎなど、姿勢も痛みの原因となります。姿勢が悪くなると、腰が痛くなるのはもちろんです。しかし、姿勢が悪い状態が長年続くと、背骨の中心部分が変形をおこします。そうなると神経が圧迫され、腰だけでなく足にも痛みが広がるのです。症状が悪化すると、腰からふくらはぎ、かかとに至るまで痛みやしびれが現れ、時には歩行障害も伴います。

かかとが痛くなる病気1:足底筋膜炎

痛みの部位が、かかとの少し前にある土踏まずに近い位置の人は、足底筋膜炎(そくていきんまくえん)かもしれません。症状として、「起床後、歩き出す時に足の裏に痛みを感じる」「長時間座ったあとに、立ち上がろうとすると痛みを感じる」といった症状があるようです。

足底腱膜炎の原因

筋肉の炎症

足底筋膜炎は、ハードなトレーニングをする人や、歳を重ねて足裏の筋肉が硬くなってきた人がなりやすいと言われています。 歩行する時は、足裏の筋肉や、筋肉をおおう筋膜(きんまく)が引き伸ばされます。筋肉が柔軟で、健康な状態であれば、痛みを感じることはありせん。しかし、筋肉が硬くなり柔軟性がなくなると、筋膜が必要以上に引っ張られ、炎症をおこしやすくなります。

O脚やX脚など脚のズレ

O脚やX脚など、脚の悩みを持つ女性は、その悩みが足底筋膜炎の原因かもしれません。足を地面につけるときに、着地面が不安定になるため、足底腱膜に負担がかかります。この場合は、O脚などの改善が、根本的な治療となるでしょう。

靴の問題

靴底がすり減った靴や、固いインソールを使っている人は、注意が必要です。歩行時の衝撃が伝わりやすくなることで、足底筋膜炎のリスクが高くなります。足底筋膜炎と診断された人は、メディカルインソールの使用を検討しても良いでしょう。これは、クッションとなるだけでなく、歩行時のブレを軽減することのできるインソールです。

自宅でできるセルフケア

症状を悪化させないために、歩き方と靴選びに注意しましょう。 歩行時にかかる負担を減らすためには、力まない状態で歩くことが重要です。一般的には、姿勢を維持するために筋肉を使い、力が入った状態で歩くことが多いのです。

 

力まない癖をつけるためには、意識して習慣づける必要があります。寝ながら力を抜き、ダラーっと手足や股関節を動かしてみてください。おそらく上手く力が抜けず、普段どれだけ力が入っていたかわかるはずです。

 

だからこそ、力まない意識をつける必要があるのです。癖がつき、力まない状態で歩くことができれば、足への負担を軽減することができます。 足に異常がある人は、大きめのサイズの靴は避けましょう。かかとがしっかりと押さえられない靴は、土踏まずへの負担が大きくなります。

自分の足の長さに合った幅の狭い、少し細めの靴であれば、しっかりとかかとを押さえることができます。女性の場合、仕事上ハイヒールを履く機会が多いかもしれません。

そういった人は、骨のゆがみを矯正できるインソールの利用も検討してください。改善することは難しいですが、現状より悪化するリスクを軽減できます。

かかとが痛くなる病気2:坐骨神経痛

坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)は、正確には疾患ではなく症状の名称です。

 

中高年の方に多くみられ、お尻や太もも、足などに痛みやしびれが発生します。

これは、何かしらの原因で坐骨神経を刺激、圧迫することで引きおこされる症状です。

 

坐骨神経は、腰から足の裏側まで通っているので、症状の範囲も広くなります。かかとが痛くなることもありますが、かかとだけが痛いケースはほとんどありません。

 

「お尻と、かかと」、「お尻と、太ももと、かかと」といったように、いくつかの部位に症状がでるケースが多いようです。

坐骨神経痛の原因

お尻の筋肉が硬くなる

お尻には、梨状筋(りじょうきん)と呼ばれる筋肉があります。この筋肉が、坐骨神経を刺激することにより、しびれや痛みが症状として現れます。

これは、お尻の筋肉が、硬くなっていることが原因です。ストレッチで筋肉をほぐしたり、温めることで回復する場合もあります。

病気によるもの

坐骨神経の付け根が、何らかの原因で圧迫されることがあります。原因となるのは、腰椎間板ヘルニア・腰椎すべり症・腰椎分離症など、腰に関わる疾患です。これらは、坐骨神経痛を引き起こした原因として、判断しやすいものとなります。

原因不明

坐骨神経痛の原因として、実はこのタイプが最も多くなります。坐骨神経痛は、神経や血管、筋肉の症状などが混在していることが多く、原因を特定するのが難しいといわれています。軽度の痛みであれば、原因を特性している途中で回復することもあるようです。 最近では、運動不足が関係しているのではないかとも考えられています。日頃から運動をしていないことで、筋肉の柔軟性が失われ、少しの負荷でも強い衝撃となり、痛みを感じるようになるのです。

自宅でできるセルフケア

疾患など、原因が明らかな場合は、疾患の治療が主体となります。

しかし、原因のはっきりしない坐骨神経痛であれば「運動不足」や、「姿勢が悪いこと」が痛みにつながっているかもしれません。

そういった自覚のある人は、この2つを改善しましょう。

 

坐骨神経痛の改善には、適度な運動が効果的だとされています。痛みが強い場合、無理をしてはいけませんが、痛みが落ち着いているなら、軽い運動をするべきです。また、姿勢が悪いと、腰の神経を圧迫する要因となります。正しい姿勢を意識して、保つように心がけてください。畳や床に座るときは、姿勢が崩れる横座りや、膝を立てる座り方は避けるようにします。椅子に座る時も、足を組んだりはせずに、左右のお尻に体重が均等にかかるように座ると良いでしょう。

かかとが痛い以外にこんな症状はありませんか?

かかと以外にも、手足の指の関節に痛みのある人は関節リウマチが原因かもしれません。

関節炎が代表的な症状の病気ですが、実は関節リウマチでも、かかとが痛くなることがあります。関節リウマチは、免疫に異常をきたす病気。本来は、ウイルスや細菌を攻撃する免疫が、自分の体を攻撃することで、炎症をおこします。

 

なぜ、そういった異常がおきるのかは、まだ解明されていません。 関節リウマチは、男女ともに発症しますが、特に中高年の女性に多い傾向があります。関節が炎症をおこすことで、軟骨や骨が破壊され、症状が進むと関節が変形することもあります。

 

患者さんの多くが、足についての悩みがあり、症状が悪化することで、足の変形や関節の炎症により歩行が困難になるのです。 関節リウマチは、起床後30分くらいに症状がでやすい傾向があるようです。そのため、朝の身支度や朝食の準備などのさいに、初期症状に気づけるかもしれません。かかとの痛み以外にも、下記のチェック項目に復数当てはまるものがないか、確認してみてください。

リウマチを疑う時のチェック項目

・洋服のボタンが外しにくい

・靴ひもやリボンが結びにくい

・お箸が上手く使えない

・朝食を作る際、動作に違和感がある

・歯ブラシがもちづらい

・家のカギが開けにくい

 

上記以外にも、「関節の痛みが左右対称に出る」など、関節リウマチの症状はあります。

以前よりも体が動かしにくく感じたら、注意する必要があるでしょう。症状が気になる人は、リウマチ研究をもとにした、サプリメントも開発されているので、試してみても良いかもしれません。

リウマチや関節の痛みを和らげるおすすめミトコンドリアサプリ!

 

かかとが痛いときの治し方

かかとの関節が痛くなる原因は色々ありますが、大体の痛みに共通して対処できるいくつかの方法があります。病院で診察を受ける前など、緊急時の痛みに対処するために覚えておきましょう。

1.急に強い痛みを感じるときは冷やす

急激で強い痛みを感じるケースでは、冷やすことで痛みを和らげることができます。これは急激な痛みでは、患部が炎症をおこしていることが理由です。体の免疫はケガや病気といった原因から体を守るために、強い熱を発生させている状態なので、冷やして熱を抑えましょう。スポーツ用のコールドスプレーなどでも効果はありますが、患部の深い位置まで冷やすためには、氷嚢などを当てることがおすすめです。

逆に関節リウマチでよくおきる朝のこわばりや、熱を伴わない慢性的な痛みの場合は、温めることで痛みが軽減します。かかとが熱を持っているかどうかでそのときどきの痛み方を判断し、冷やすか温めるか使い分けていきましょう。

2.痛み止めを使用する

痛みを抑える方法の代表と言えば、痛み止めの使用です。痛み止めの服用薬とあわせて外用薬である湿布を使用し、なるべく安静にすることを心がけましょう。これらの薬の他に、病院などで処方してもらえるステロイド注射も高い効果を発揮します。ただし、ステロイドは炎症を抑える効果が高い薬ですが慢性的に使用していると副作用も大きいため、使用量に注意が必要です。

3.テーピングなどで保護する

かかとに痛みを感じるときは、なるべく負担をかけないようにしましょう。かかとに負担をかけないためには、安静にして動かないようにすることと、テーピングでかかとを保護してあげることが重要です。しかし、テーピングによる保護は、あくまで症状を悪化させないために行います。痛みを完治させ感知するためには、そのままにしておかず早めに医療機関で診察を受けましょう。

かかとが痛いと感じたら他に異変が出ていないか見直そう

かかとの痛い状態が長期的に続いているのであれば、何かの病気かもしれません。靴や姿勢の悪さなど、問題となることはいくつかありますが、病気によって治療法は異なります。なかには、医師でも原因が特定できないものや、かかと以外にも痛みがあらわれる病気もあります。 まずは、歩き始めに痛みがあるのか、かかと以外にも症状があるのかなど、痛みの特徴を確認しましょう。症状を理解することで、治療するときにも対策が立てやすくなり、早期改善につながるはずです。

 

関連キーワード
リウマチコラム】の関連記事
  • 関節の腫れが治らない!症状ごとに異なる改善方法を知ろう
  • 関節リウマチの初期症状は見逃し厳禁!主な症状や正しい治し方
  • 簡単便利!市販で妊活サプリを購入するメリットと注意点
  • シノビオリンが健康に悪影響!?関節リウマチの研究でわかった弊害とは
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。