• 2017年12月26日 リウマチサプリランキング
    リウマチや関節の痛みを和らげるおすすめミトコンドリアサプリ!
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節の腫れが治らない!症状ごとに異なる改善方法を知ろう
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節リウマチの初期症状は見逃し厳禁!主な症状や正しい治し方
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリって飲まなきゃダメ?昔との違いを知れば必要性が分かる!
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリはミトコンドリアサプリに注目!その驚くべき効果とは?
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    簡単便利!市販で妊活サプリを購入するメリットと注意点
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    シノビオリンが健康に悪影響!?関節リウマチの研究でわかった弊害とは
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    手指の腫れや痛みは要注意!原因を知って症状を緩和しよう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    肘が痛い原因とは?痛みの原因とリウマチに効くサプリの特徴
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    膝が痛い原因は加齢とは限らない!原因別の症状を知りましょう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    リウマチが治る可能性を上げる⁉鍵を握っているシノビオリンの抑制

手の震えは、緊張や寒気を感じた時に現れやすく、軽いものであれば誰にでもおきる可能性があるので、不安に思う必要はないでしょう。しかし、日常生活の中で慢性的に手が震えるのであれば、何かしらの病気を疑ったほうがいいかもしれません。ここでは、どういった時に手が震えるのか、手が震えるのはどういった病気の疑いがあるのかを確認していきます。

手が震える原因とは?

一般的な手の震え

家事をしていると、昔よりもやりづらい、動作中に手が震えるといった経験をした人はいるでしょうか?手や足など身体の震えの症状を、医学用語では振戦(しんせん)とよばれます。これは、筋肉の収縮と弛緩が繰り返される症状で、軽いものなら誰にでもおきる可能性があります。 たとえば、怖い思いをしたときや、過度に緊張したときに経験した人もいるでしょう。振戦は病気が原因でおこるとは限らず、精神的な要因で震えがおきるものが大半です。しかし、中には病気が原因で引きおこされる手の震えもあるので、慢性的に手の震えを経験している人は医師に相談したほうが良いかもしれません。

手の震えが起こる4つのパターン

手が震える時は大きく分けて4つのパターンがあります。手の震えが気になる方は、どのパターンに当てはまるか確認してください。

1.緊張している時の震え

ストレス、緊張などの精神的なものや、寒さが原因で一時的に震えがおきるケースです。原因がなくなれば震えは治まります。

2.何もしていない時の震え

何もしていない、リラックスしているときにおこる震えは、何かをしようと動作をおこすと震えが治まります。パーキンソン病の症状としてしられ、発症している時は筋肉の硬直もみられます。

3.特定の姿勢をとった時の震え

新聞や本を持って読んでいるときなど、手を一定の場所で保つと震えがおきます。病例として、甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)があげられます。

4.運動をしている時の震え

何か動作を行うときにおこる震えです。家事や運動をしている時に震え、動作をやめると治まります。動作時の震えがみられる時は、筋力が低下し余分な力が入っているケースもあります。

 

 

力を入れた時に震えがおこる人はリウマチの可能性あり

女性が発症しやすい病気のひとつである、関節リウマチ。炎症性疾患である関節リウマチが原因で、手の震えがおこる場合もあります。 関節リウマチの症状としてよく知られるのは、関節のはれや痛みです。症状が進行すると関節がずれ、変形してしまうケースも少なくありません。なぜそういった症状から手の震えに繋がるのでしょうか。

関節リウマチが原因の筋力低下

関節リウマチでは、筋力低下や筋肉萎縮などの症状もあります。これは症状が進行し、悪化した人だけでなく、発症直後の早い時期でも可能性があります。痛みや腫れから身体を動かさないでいる人も多いでしょう。しかし、症状が悪化すると、関節の可動域が狭くなるだけでなく、健康な人とくらべ、筋力が半分以下になることもあると言われているのです。そのため、筋肉が縮こまってしまい、筋力低下が進む原因となるのです。

なぜ筋力が低下すると震えがおきるのか

緊張からくる震えを想像して下さい。これは緊張したことにより、身体に余計な力が入ることにより震えがおこります。しかし、緊張するような場面でもない運動や家事などの日常生活で、手の震えを経験している人もいるでしょう。これは、本来必要な筋力が足りておらず、無意識に力を込めているのかもしれません。重いものを持つときには、強く力を込めると手が震えると思います。そういったときのように、健康な人が簡単にできる動作でも、関節リウマチで筋力が低下していると、力を込めないとできないことがあるのです。 主婦で、家事をする機会が多いのであれば、関節の変形や筋力低下による握力不足で、包丁や鍋を持つことが面倒になるでしょう。症状が酷い人は、握力が子供よりも低くなることもあります。家事をする際に手が震える人は、関節リウマチによって、手が動かしづらく、握力が低下していることが原因かもしれないのです。

リウマチの治療方法

  関節リウマチの治療方法は大きく4つに分類され「基礎療法」「薬物療法」「リハビリテーション療法」「手術療法」があります。この4つのうち、どれかひとつをやればよいのではなく、組み合わせることで病気の進行を食い止めるのです。

1.基礎療法

自分のリウマチの特徴を把握し、医師や理学療法士の指導下で適度な運動をし、規則正しい食生活を心がけます。また、冷えや湿度はリウマチの症状を悪化させる要因となります。そのため、身体を温めて血流を良くする、入浴はオススメと言えるでしょう。入浴後は、余分な水気が残らないように、しっかりと体や髪を拭き乾かすのを忘れないでください。

薬物療法

治療に使用される薬には、種類があります。病気の状態や体質、薬の特徴に合わせ、専門医師が判断し処方します。

抗リウマチ薬

関節リウマチを発症した患者さんの多くに処方される、関節リウマチの進行を抑える薬です。効果が出るまで1ヶ月から半年くらいかかることもあり、期間中の痛みを和らげるために、他の薬を併用することもあります。

消炎鎮痛薬

消炎鎮痛剤(しょうえんちんつうざい)は、即効性が高く、関節の痛みやはれを和らげる目的で利用されます。しかし、根本的な原因となる炎症を取り除くことはできません。

ステロイド

関節の痛みやはれを和らげる働きがあります。炎症を抑える効果が強く、消炎鎮痛剤を使用しても十分な効果がみられない場合に使用されます。しかし、感染症を引き起こす可能性もあるので、医師の判断ものと、注意して使用しましょう。

生物学的製剤

炎症を悪化させるタンパク質、サイトカインの動きを阻害し、症状が進行するのを抑制します。皮下注射や点滴で投与され、投与間隔は薬の種類によって異なり、1週間に2回の人も入れば、2ヶ月に1回で大丈夫な人など様々です。通勤回数や生活習慣にあわせて選ぶことができます。

リハビリテーション療法

関節リウマチの患者さんは、日常生活の動作に支障をきたすことが多いため、悪化の予防と改善を目的に2つの指導を行います。

日常生活の指導

イスから立ち上がる、鍋を持つといった日常生活の動作で、患者さんがやってはいけない動作を指導し、全身にかかる負担を軽減します。適度な運動と安静の組み合わせ、関節の保温の必要性など、日常生活の中で取り組むことができる内容の指導となります。

訓練の指導

関節の可動が困難になった人に、関節の運動性を高めることを目的に行います。症状の進行度合いによってリハビリメニューが異なるので、専門医師の指導により、自分のできる範囲で運動を行います。

 

手術療法

リハビリテーションや、薬の使用で症状の改善が見込めない際の最終手段として、外科手術を行います。手術後は痛みが軽減され、可動域も広がるでしょう。また、処置される手術にも種類があり、メリットとデメリットが違うため、全ての患者さんにおすすめできる方法はありません。そのため、体力や年齢、希望などを考慮して、どういった手術するのか医師と相談しながら決める必要があります。

症状を改善するためには動かすことが大切

関節リウマチの治療は、主に薬物療法で進められます。しかし、それだけでは炎症などの症状を抑えられても、関節と筋肉の機能維持や改善はできません。そのため、リハビリテーションを行い、身体を動かす必要があるのです。リハビリテーションは、医師の指示のもと行われ、病院だけでなく家庭でできる内容の指導もあります。また、関節リウマチには、痛みが強い炎症活動期と、症状が落ち着いている炎症非活動期があります。それぞれの時期によって、目的とやり方が異なっているため確認してみましょう。

炎症活動期のリハビリ

炎症活動機におけるリハビリテーションの目的は、関節の変形を予防すること、痛みを抑えることになります。炎症の痛みによって、動かすのが辛いのであれば、関節を保護する装具が使われます。杖などの歩行補助具や、関節を固定する装具、体重をかけた時に感じる痛みを和らげる装具など、症状によって適切なものを利用します。しかし、関節を固定すると、動く範囲を制限することになるので、関節可動域を維持するためのリハビリテーションが必要となるでしょう。 リハビリテーションは関節だけでなく、動かす際に使われる筋力維持のためにも必要です。一般的な筋力トレーニングのように、激しいトレーニングは関節を傷めてしまうので、痛みを感じない位置に関節を固定し、曲げる方向や伸ばす方向に力を入れる運動が行われます。

炎症非活動期のリハビリ

リウマチが落ち着いている炎症非活動期では、関節可動域や筋力の回復を目的に行われます。症状を悪化させないようにしながら、適切な運動のやり方と日常生活をおくる際の関節の使い方を身につけます。関節の可動域が狭い場合は、負荷をかけすぎないように、軽く引っ張りながらゆっくりと曲げ伸ばしする練習をします。リハビリテーション中に痛みを感じた時は、部位を温めるなどして、痛みを和らげてから行ってください。 それぞれの症状や状態に合わせリハビリメニューが組まれますが、自主的に毎日行う運動が基本となります。最近は、やり方も色々検討されているので、自分にあった方法がみつかるでしょう。

手が震えてしまう原因をしっかり把握しよう

手が震えてしまう症状は、軽いものなら誰にでもおきる可能性があります。しかし、特定の行動をした時など、日常的に何度も震えがおきるのであれば、病気の可能性もあるため、一度医師に相談したほうが良いでしょう。 30代~50代の女性に多くみられる関節リウマチでは、痛みや腫れなどの症状が知られています。しかし、筋力低下や筋肉萎縮などの症状もあり、人によっては、ペットボトルのフタを空けられないほど筋力が落ちてしまいます。家事や運動がやりづらく力を込めることが多い人や、意識していなくても動作中に震えを感じるのであれば、関節リウマチを発症しているかもしれません。

 

サプリメントの併用も検討

サプリメントが重要な理由

関節リウマチの治療方法として、サプリメントの併用も検討してみましょう。関節リウマチは全身の関節に悪影響を及ぼし、痛みやこわばりといった症状を引き起こします。さらに関節だけではなく、貧血や食欲不振、体重減少などの症状も現れることもあります。

関節リウマチの治療中は、手軽に摂取できる栄養補給手段を確保することが重要です。サプリメントは医薬品とは違い医師の処方は不要で、関節リウマチの治療中でも摂取することができます。しかし、ただ適当にサプリメントを摂ればよいというわけでもありません。必要な栄養素を補うことができるサプリメントを選ぶようにしましょう。

サプリメント選びの基準

体によいサプリメントを選ぶためには、目的にあった成分を選び、相性の悪い成分も正確に把握しておくことが重要です。例として抗リウマチ薬の代表であるメトトレキサートという薬は、「葉酸」を摂りすぎると効果が減少してしまう性質を持っています。そのため、葉酸を多く含むサプリメントは、関節リウマチの治療中に合わないサプリメントの代表であると言えます。服用はなるべく避け、どうしても摂りたい場合は医師に確認を取りましょう。

逆に積極的に摂り入れたいサプリメントとして、ミトコンドリアサプリがあげられます。ミトコンドリアは、全身を動かすエネルギーを生み出し、細胞の代謝にもかかわっている重要な存在です。体の不調を感じるときは積極的に摂り、体に活力を与えていきましょう。特におすすめなのはミトコンドリアが活性化する根本的な仕組みに注目したサプリメントです。体のふしぶしが気になる方は、ぜひミトコンドリアサプリを試してみましょう。

 

また、リウマチの場合はミトコンドリアサプリで治療することも可能です。リウマチの症状でお悩みの方は是非一度試してみてください。

リウマチや関節の痛みを和らげるおすすめミトコンドリアサプリ!

 

関連キーワード
リウマチコラム】の関連記事
  • 関節の腫れが治らない!症状ごとに異なる改善方法を知ろう
  • 関節リウマチの初期症状は見逃し厳禁!主な症状や正しい治し方
  • 簡単便利!市販で妊活サプリを購入するメリットと注意点
  • シノビオリンが健康に悪影響!?関節リウマチの研究でわかった弊害とは
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。