• 2017年12月26日 リウマチサプリランキング
    リウマチや関節の痛みを和らげるおすすめミトコンドリアサプリ!
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節の腫れが治らない!症状ごとに異なる改善方法を知ろう
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節リウマチの初期症状は見逃し厳禁!主な症状や正しい治し方
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリって飲まなきゃダメ?昔との違いを知れば必要性が分かる!
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリはミトコンドリアサプリに注目!その驚くべき効果とは?
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    簡単便利!市販で妊活サプリを購入するメリットと注意点
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    シノビオリンが健康に悪影響!?関節リウマチの研究でわかった弊害とは
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    手指の腫れや痛みは要注意!原因を知って症状を緩和しよう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    肘が痛い原因とは?痛みの原因とリウマチに効くサプリの特徴
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    膝が痛い原因は加齢とは限らない!原因別の症状を知りましょう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    リウマチが治る可能性を上げる!?鍵を握っているシノビオリンの抑制

日本で多くの人が悩まされている背中の「こり」、治さずに放っておくと、眠れないほど痛みを感じる人もいる症状です。背中のこりは日常生活の負担や、病気が原因になっていることもあります。長期にわたり症状を放置すると危険なので、早めに対策を行っていきましょう。

背中の「こり」の原因1・日常生活でおきる背中のこり

中のこりは日常生活での負担が原因となっていることが多い症状です。まずは、普段の生活を見直していきまましょう。

筋肉が疲労している

背中のこりが起きる一番の原因は、背中の筋肉が疲れてしまうことです。重い腕を吊り下げている肩甲骨周辺の筋肉など、背中の筋肉は日常生活の中で大きな負担がかかっています。そして、日常生活のなかで特に負担がかかる原因は、「姿勢の悪さ」。 腕や頭の重みが一部に集中してしまい、背中の負担が大きくなってしまいます。できるだけ背筋を伸ばして、姿勢の悪さを改善することが必要です。簡単な予防法として、立った状態で両手を前で組み、背中と膝を軽く曲げ手を前に突き出すストレッチなどを取り入れると良いでしょう。

胃に負担がかかっている

筋肉の疲労の他に胃腸への負担も、背中のこりが発生する原因です。夜遅くに食べる、飲みすぎ、食べ過ぎなどの場合、背中にこりや痛みが発生することがあります。背中のこりと胃の不調を感じている人は、食生活を見直すべきでしょう。 脂っこいものを減らし、消化の良いものを三食バランス良く取ってみましょう。また姿勢の悪さは、筋肉を疲れさせるほかにも、血行不良になることで胃腸の働きも悪くしてしまいます。その結果、消化不良が起こり、さらに背中のこりが増してしまうのです。

ストレスが溜まっている

精神的なストレスが胃腸に悪影響を与えることは有名ですが、実はストレスは背中のこりにも影響を与えます。ストレスがたまると、正常なホルモン伝達ができず、筋肉が緊張したままになり、こりを感じてしまうのです。また、ストレスの蓄積や生活習慣の乱れは、自律神経失調症の原因となり、さらに強い痛みを引き起こすことがあります。次は自律神経失調症と背中のこりの関係について紹介します。

背中の「こり」の原因2・自律神経失調症

背中のこりは日常生活の負担の他に、「自律神経の乱れ」が原因になっていることもあります。なぜ自律神経が乱れると背中のこりを感じるのか、まずは自律神経の仕組みから理解していきましょう。

自律神経の役割

自律神経は緊張状態にさせる交感神経と、リラックスさせる副交感神経があり、活動と休息のバランスを保つ重要な役割があります。しかし、乱れた生活を続けていたり、強い精神的ストレスを感じていたりすると、神経活動が活発になり交感神経ばかりが働いてしまいます。この状態が「自律神経失調症」です。こうなると心臓や内臓に多く血流が送られ、筋肉などほかの部分に送られる血流が減ってしまいます。これが原因で強いこりを感じてしまうのです。

自律神経失調症で感じるこり

自律神経失調症になると感じる背中のこりは、心臓や胃などの臓器がある左側に現われやすいことが特徴です。強い痛みを感じ、背中の筋肉が硬くなって背筋を伸ばしにくくなります。さらに背中が強くこることで、肺がうまく広がらなくなるため深呼吸もしづらくなり、息苦しさを感じることがあります。

背中のこり以外の症状

自律神経失調症の場合、背中の痛みやこりだけでなく、次のような症状が出ることもあります。

・症状1 頭痛

・症状2 疲れやすくなる

・症状3 肩・背中以外にもこり、だるさを感じる

・症状4 吐き気や動悸

・症状5 不眠

 

このように自律神経失調症は、背中のこりの他にも、多くの症状が出る可能性があるつらい病気です。こうした症状を改善するために、緊張をほぐして体を休ませることを心がけましょう。神経の交代がスムーズにいくように、生活リズムを整えることが重要です。起きたときは朝日を浴び、夜はスマホやPCのライトを避けて眠りにつくようにしましょう。

背中の「こり」の原因3・内臓疾患

背中のこりは、内臓疾患がある場合にも感じることがあります。血流や代謝の悪化により筋肉に負担がかかりやすくなったり、内臓の痛みを背中の痛みのように感じたりするのです。背中のこりを感じる内臓疾患の例をみていきましょう。

胃腸疾患

先に確認したように、食生活の乱れにより胃の働きが弱っている場合、背中のこりの原因になることがあります。あまりにも背中のこりがひどい場合は、一時的な不調ではなく、疾患がある可能性も考えなければなりません。代表的な疾患としては胃潰瘍などが考えられます。特に胃がんなどの重篤な症状では、背中や腰に激しい痛みを感じるため、早く治療を始めることが重要です。また背中の痛みの他に、みぞおちに痛みを感じることもあります。

すい臓疾患

胃腸のほかに、食べ物を消化するために「すい液」を分泌する「すい臓」の疾患も背中のこりの原因になります。すい臓からつながる神経と、背中の中央にある神経は、とても近い場所を通っています。そのため、すい臓に感じるはずの痛みを、背中のこりのように感じることがあるのです。 消化の悪い食べ物や、脂っこい食べ物を食べた後に背中がこると感じたら、すい臓に異常が発生している可能性があるでしょう。特にみぞおちに痛みを感じる場合は、すい臓の病気が進行している可能性が高いです。

心臓疾患

肩や背中の左側にこりや痛みを感じる際には、狭心症や心筋梗塞などの心疾患の前兆ということがあります。例えば、圧迫感や左腕がだるい、しびれる、痛むなどの症状がある場合、心臓疾患の可能性が高いです。また、突然胸を締め付けられるような痛みを感じたら早めに診察を受けましょう。 これらの内臓のほかにも、肝臓や胆のう・胆管などに原因があることもあります。どれも重要な内臓であり、がんなどの危険な病気であるため、背中に強い痛みを感じたら、すぐに病院で受けましょう。またこうした内臓が原因となる痛みのほかに、関節の症状が原因となっていることもあります。次は関節が原因で起きる背中のこりや痛みをみていきましょう。

背中の「こり」の原因4・関節リウマチ・強直性脊椎炎

背中や腰が痛み、重たく感じたり、こわばりがあったりする場合は、「関節リウマチ」や「強直性脊椎炎」という病気の疑いがあります。どちらも気づかずに放置していると、関節に大きなダメージを与えてしまう病気です。それぞれの症状を確認していきましょう。

関節リウマチ・強直性脊椎炎の特徴

どちらも膠原病と言う病気の一種であり、いまだ詳しい原因はわかっていません。遺伝的な要因に加えて、細菌やウイルス感染がきっかけに発症するのではないか、と考えられています。関節リウマチは足の指など、末端の関節から症状が始まり、女性に多く発症することが特徴です。強直性脊椎炎は腰などの大きな関節から始まり、男性に多く発症します。かかりやすさに男女差はありますが、どちらの性別でもかかる可能性がある病気です。また、関節リウマチと強直性脊椎炎の両方にかかることもあります。

背中のこりが起きる理由

関節リウマチを患っている場合、こわばりや痛みから無理な姿勢をとり続けやすくなります。そのため、筋肉が緊張してしまい、背中の痛みやこりにつながるのです。また関節が壊れてしまうため、動きが悪くなり、寝たきりになってしまう危険性もあります。強直性脊椎炎の場合、関節リウマチと同じく、無理な姿勢を取りやすくなることに加え、背骨も痛むことが特徴です。 最初は腰のあたりから、筋肉痛のような痛みやだるさを感じるようになります。次第に病気が進行すると、痛みの強さや範囲が広がっていき、最終的に背骨の関節がくっついてしまい、動かなくなってしまいます。関節リウマチ・強直性脊椎炎によって壊れて固まってしまった関節は、元通りにすることはできません。

どのように治療するのか

関節が固まってしまわないようにリハビリを行うことで、症状の進行を防ぎます。また関節の炎症や痛みを抑える薬物の使用も治療の中心です。非ステロイド性の消炎鎮痛剤などを使用します。 また炎症が強い場合は、抗リウマチ薬という薬を使用します。関節リウマチや強直性脊椎炎は、どちらも完治する方法がみつかっていないので、症状が進行しないよう早期に治療を始めることが大切です。

 

また、リウマチはミトコンドリアサプリで治療することも可能です。薬物の使用に抵抗がある方は是非こちらも一度検討してみて下さい。

リウマチや関節の痛みを和らげるおすすめミトコンドリアサプリ!

 

背中のこりを和らげるサプリメント

関節リウマチや強直性脊椎炎で起こる背中のこりは、「アンチノビン」というサプリメントを飲んで和らげることができます。これは、このサプリメントが関節リウマチで起こるこわばりや痛みを良くし、筋肉の緊張をほぐしてくれるからです。「アンチノビン」は、体の中にあるミトコンドリアに働きかけてくれるサプリメントです。ミトコンドリアは私たちの体を動かす力の源であり、エネルギーの生成に欠かせない成分ですが、年齢を重ねる毎に老化してしまう場合があります。その老化の原因は、シノビオリンという遺伝子にあります。シノビオリンが持つ本来の働きは、体に不要なタンパク質を厳選し、分解するというものです。

しかし、シノビオリンが体内で増えすぎてしまった場合、体に必要なタンパク質まで分解してしまうようになりミトコンドリアが老化してしまいます。

ここで活躍するのが、ミトコンドリアを活性化してくれるサプリメントである「アンチノビン」です。背中のこりが気になるという方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。他のリウマチ薬とも併用できますし、添加物も使用していないため、安全性の高いサプリメントです。

関節痛におすすめ!アンチノビンの魅力とお得に購入できるマル秘テクニック

 

背中の「こり」は侮れない!早めの対策が大切

背中の「こり」には生活習慣からくる不調の他に、放っておくと取り換えしがつかなくなる病気まで、さまざまな要因があります。休んでいても背中のこりが、なかなか取れない場合、早めに原因を突き止めることが必要です。決してあなどらずに、医師の診察を受けて正確な診断をしてもらいましょう。

 

関連キーワード
リウマチコラム】の関連記事
  • 関節の腫れが治らない!症状ごとに異なる改善方法を知ろう
  • 関節リウマチの初期症状は見逃し厳禁!主な症状や正しい治し方
  • 簡単便利!市販で妊活サプリを購入するメリットと注意点
  • シノビオリンが健康に悪影響!?関節リウマチの研究でわかった弊害とは
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。