• 2017年12月26日 リウマチサプリランキング
    リウマチや関節の痛みを和らげるおすすめミトコンドリアサプリ!
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節の腫れが治らない!症状ごとに異なる改善方法を知ろう
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    関節リウマチの初期症状は見逃し厳禁!主な症状や正しい治し方
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリって飲まなきゃダメ?昔との違いを知れば必要性が分かる!
  • 2018年5月21日 ミトコンドリアコラム
    妊活サプリはミトコンドリアサプリに注目!その驚くべき効果とは?
  • 2018年5月21日 リウマチコラム
    簡単便利!市販で妊活サプリを購入するメリットと注意点
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    シノビオリンが健康に悪影響!?関節リウマチの研究でわかった弊害とは
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    手指の腫れや痛みは要注意!原因を知って症状を緩和しよう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    肘が痛い原因とは?痛みの原因とリウマチに効くサプリの特徴
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    膝が痛い原因は加齢とは限らない!原因別の症状を知りましょう
  • 2018年4月19日 リウマチコラム
    リウマチが治る可能性を上げる!?鍵を握っているシノビオリンの抑制

多くの方が悩まされている関節痛。そのなかでも特に辛さを感じている人が多い症状が「足首の痛み」です。ここでは足首の痛みの原因や、その対処法を紹介します。特にリウマチによる足首の痛みに悩まされている方は、ぜひ最後までご覧ください。

足首の痛み方は個人差が大きい

突然ズキズキと痛みだしたり、毎朝しびれを感じたり足首の痛みで辛い経験をした方はたくさんいるかと思います。足首の痛みといっても、「たくさん歩いて足首が痛い」「運動不足で足首が痛い」など、痛い原因や感じ方は様々です。まずは、あなたが感じている痛みのタイプを確認してみましょう。

足首に感じる痛みのタイプ

足首だけに激しい痛みがあり、赤く腫れているタイプ

捻挫の可能性が高いです。腫れているだけではなく、内出血が起きている場合は、ほぼ捻挫とみて間違いないでしょう。腫れが治まった後でも痛みを感じることもあるので注意が必要です。長く歩いたり、気圧が変化したりすることで、外からは分かりにくい古傷が痛むことがあります。また長く放置していると、足根洞症候群など別の症状を発症し、ふくらはぎに痛みを感じることもあるため注意が必要です。

 

赤く腫れていて足首以外にも痛みがあるタイプ

内出血もなく、足をひねった覚えがない場合は、痛風か腱鞘炎、疲労骨折などである可能性が高いです。痛風は親指周辺から痛みを感じることが多く、足首やくるぶしにも激しい痛みを感じることがあります。腱鞘炎はサイズがキツイ靴を履くなど、長時間圧迫されることで起こり、足の甲などにも痛みを感じることが多いです。疲労骨折の場合は、少しずつ骨にひびが入るため、徐々に痛みと腫れが増していきます。

 

足首と足の裏に痛みがあり、歩くと疲れやすいタイプ

扁平足やハイアーチなど、足裏の形が悪くなっていることで足に負担がかかっている可能性が高いです。扁平足は「土踏まず」ができずに足裏が平らになっている状態です。遺伝や運動不足、ハイヒールなどの歩きにくい靴を履くことが原因で起きます。ハイアーチは、扁平足とは逆に土踏まずが凹んでいる状態です。こちらは遺伝や靴などの要素が影響していますが、扁平足よりも遺伝の影響が強いと考えられています。

 

足首が痛み、重く感じたり、こわばっていたりするタイプ

血行不良や関節リウマチである可能性があります。血行不良は冷えが大きな原因であり、足首の関節以外の部位にも痛みやこわばり、だるさなどの症状が現われることが特徴です。また、こうした症状のほかに腫れもある場合は、関節リウマチである可能性があります。関節リウマチは症状が進行すると、全身の関節に広がったり、関節が曲げられなくなったりするため、早めに対処することが必要です。 このように、足の痛みにはさまざまなタイプがあります。次は、足首に痛みが起る原因と対処法をみていきましょう。

足首が痛いと感じる怪我

足首が痛い場合、第一に考えられる原因は怪我です。考えられる怪我や、その対処法についていくつかご紹介していきます

足首の怪我への対処法

捻挫

捻挫は足首の怪我の中でも代表的なものです。関節を動かす靭帯が切れることで痛みを感じます。足をひねってしまったら、安静にしてアイスパックなどで押さえて即座に冷やす必要があります。また、なるべく横になり、足を心臓より高い位置になるようにしておきましょう。腫れや痛みが引いたからといって安心せずに、早めに医師の診察を受けましょう。

 

足根洞症候群(そっこんどうしょうこうぐん)

捻挫を完治しないままで放置すると、足根洞症候群が発症することがあります。足首の外側に痛みがあり、特にくるぶしの下を押すと強い痛みを感じることが特徴です。症状が悪化すると、ふくらはぎや、すねに痛みを感じます。足根洞は足にある空洞で、神経や踵につながる神経が通っている部位です。この部分が損傷してしまうことで、捻挫が再発しやすくなったり、関節が不安定になったりします。まれに手術が必要な場合もありますが、ほとんどはアイシングや鎮痛剤を使いながら、リハビリを続けることで治ります。

 

疲労骨折

疲労骨折は、骨に負担がかかり徐々にヒビが入ってしまうことで痛みを感じます。骨折の場合も安静にして冷やすことが重要です。疲労骨折は小さなヒビが入っている状態なので、レントゲンにも映りにくく、診断が難しいことがあります。そのため、痛みや腫れが引いても、しばらくは安静にして1日1回は冷やすようにしましょう。また疲労骨折が起るのは、普段から足に負担が蓄積している証拠なので、生活を見直し、靴もクッションが柔らかく足に合ったものを選びましょう。 このように足の怪我は基本的に安静にすること、冷やすこと、圧迫すること、足を上げて血流を抑えることが大切です。また、足首は普段から負担がかかっている部位なので、一見治ったように思えても、見えないところで症状が進んでしまいます。そのため、必ず病院で診察を受けましょう。

足首の痛みは病気の可能性も!

足首が痛く、怪我をしている様子もないのであれば、病気を発症している可能性も考えられます。足首が痛む病気をいくつか紹介します。

足首の怪我への対処法

腱鞘炎

勘違いされがちなことですが、腱鞘炎は手首だけではなく足首にも起こり、怪我ではなく病気に分類されています。処置方法として湿布や軟膏などを塗り、安静にして症状が治まるのを待ちます。ある程度症状が回復してきたら、マッサージを行って痛みを緩和させていきましょう。ただし、やりすぎは逆効果なので注意が必要です。

 

痛風

男性に多くみられる症状ですが、女性にも発症します。発症原因は、お酒の飲み過ぎなどで血液中に尿酸が溜まってしまうことです。足の親指から発症することが多く、突然歩けないほどの強い痛みが起こります。痛みは2週間以内に治まりますが、放置していると急に痛みが起こり、関節の変形が進行してしまう特徴があります。さらに、関節障害のほかに腎臓の障害などの症状も起るため、すぐに治療を始める必要があります。発作が起きた時は、抗炎症薬で痛みを抑えられるよう改善を目指します。

 

関節リウマチ

リウマチは自分の免疫が体を攻撃してしまう「自己免疫疾患」という病気の一種です。初期は手足のこわばりや痛み、腫れなどの症状が起こります。放置していると関節や骨の変形、破壊が起きる危険な病気です。そのため、早期の治療が必要ですが症状の詳しい原因が不明であり、治療に時間がかかるため多くの人が悩まされています。次は、リウマチの特徴をさらに詳しく確認していきましょう。

中でも治療が困難なのは「リウマチ」

捻挫や腱鞘炎は、安静にしていれば完治できる症状です。痛風も、生活習慣の見直しやストレス解消を行うといった心がけをすれば、予防や改善も難しくはないといわれています。しかし、リウマチは違います。

リウマチの症状とは?

リウマチは関節の痛みの他にも、倦怠感や微熱など全身に症状が現われます。症状が悪化すると、関節が変形して曲げられなくなったり、硬いしこりができたりすることも特徴です。特に朝起きたばかりの時に、強いこわばりや痛みを感じます。そのため特に辛さを訴える人が多い病気と言われています。

リウマチはお年寄りだけの症状?

リウマチはお年寄りが悩まされている症状と思っている方もいますが、実は違います。リウマチは、主に30代から50代の女性に多く、60代以降は減少することがわかっています。しかし、男性や別の年代で悩まされている方も多く、20代でリウマチに悩まされている方もいれば、まれに10代で発症する方もいます。

リウマチの治療法とは?

以前は治すことが難しく、痛みを抑えたり手術で関節を取り除いたりことが主でした。現在はメトトレキサートなどの優れた治療薬が登場しているため、治療薬を使いながら、リハビリを続けることが中心です。しかし、すぐに治る病気ではないため、治療中の痛みを抑える工夫をすることが大切です。そこで、次は薬だけに頼るのではなく、もっと積極的に痛みを抑えて回復を早める方法を紹介します。

ミトコンドリアはリウマチに効果的!?

「ミトコンドリア」の動きが活発になると、「リウマチの痛みを抑える」ことができると言われています。なぜミトコンドリアが重要なのか、その理由について紹介します。

リウマチの原因とミトコンドリアの役割

リウマチの詳しい仕組みはいまだ不明です。しかし、体質などの何らかの要因に加えて、過労やストレスなどで体力が低下することで起きると考えられています。そのため、身体に栄養を与え体力を回復させれば、もっと早くリウマチを治し、痛みから解放されるのです。 そして、体力の回復には、私達の体を作る細胞の中にあるATP(アデノシン三リン酸)と言うエネルギーが関係しています。そのエネルギーを作り出しているのが「ミトコンドリア」なのです。そのため、リウマチなどの難しい病気を治すためには、ミトコンドリアを活性化させることが重要です。

ミトコンドリアを活性化させる

それではミトコンドリアを活性化させるためには、何をすれば良いのでしょうか?実はミトコンドリアの機能は遺伝子によって制限されています。そのため、一番大切なのは、ミトコンドリアを制限している遺伝子を制御することです。 実は、現在この遺伝子を制御する成分が研究されていて、すでにサプリの発売が開始されています。リウマチを治したい方は、ぜひこうしたサプリを使用すると良いでしょう。ミトコンドリアに作用するサプリはさまざまな種類が開発されていて、その目的は異なっています。そのため、リウマチに効くタイプのサプリを選ぶようにしましょう。

足首の痛みを治すためには

足首が痛いと感じたら原因を確かめ、症状に合った対処をすることが大切です。原因を見極め、早めに対処していきましょう。また、どれが原因であっても、安静にすることを心がけることと、栄養をしっかりと摂ることが必要です。ミトコンドリアに優れた栄養を補給してあげることで、健康で快適な生活を取り戻しましょう。

 

リウマチコラム】の関連記事
  • 関節の腫れが治らない!症状ごとに異なる改善方法を知ろう
  • 関節リウマチの初期症状は見逃し厳禁!主な症状や正しい治し方
  • 簡単便利!市販で妊活サプリを購入するメリットと注意点
  • シノビオリンが健康に悪影響!?関節リウマチの研究でわかった弊害とは
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。