足の付け根に痛みを感じる原因は、ハードな運動による筋肉疲労や、体調不良によるリンパ節の腫れが原因となる場合があります。そういった時は、疲労回復や体調管理で改善することができるでしょう。
しかし、慢性的に続く痛みがあるのなら、病気を疑ったほうが良いかもしれません。ここでは、足の付け根が痛くなる原因と、考えられる病気の例を紹介したいと思います。

足の付け根が痛い原因1・筋肉の痛み

足の付け根には、体を動かすために必要な筋肉が密集しています。そのため、痛みや違和感がでることが多い箇所なのです。

スポーツが原因

スポーツを行っている人は、ハードな運動で筋肉疲労がおきやすくなります。そのため、足の付け根に慢性的な痛みを感じる人も少なくありません。逆に軽い運動でも痛みを感じる人もいます。これは、普段あまり運動をしない人が、急に運動をはじめることで、筋肉が疲れ、痛みを感じるためです。

加齢が原因

50歳前後の、更年期の代表的な症状のひとつである関節痛。これも激しい運動をしていなくても、筋肉が痛くなる症状です。加齢により、関節を支えている筋肉が衰えることで、血行不良になることがあります。そうなると、筋肉に必要な栄養が届けられず、老廃物も流れません。そのため、筋肉痛のような、痛みや疲労感が症状としてあらわれるのです。

骨盤の歪みや傾き

出産を経験した人は、その後のケアが上手くいかないことにより、痛みを感じているかもしれません。妊娠中、胎児の成長によって骨盤が開くことや、筋肉が圧迫されることがあります。骨盤は出産後、約半年ほどかけてゆっくりと元の状態に戻ります。しかし、多くの女性は、骨盤の状態が戻る前に、家事や育児を行うことになります。そのため、骨盤にかかる負担が大きくなるのです。その状態が続くことで、症状が悪化していき、足の付根が痛くなります。

足の付け根が痛い原因2・リンパの痛み

足の付け根に痛みがあるだけでなく、触れるとしこりがある場合は、リンパ節が腫れているかもしれません。

リンパ節とは

人の体にはリンパ液が流れています。リンパ液には、ウイルスや細菌などを排除する役割や、老廃物を処理する役割があります。リンパ液が集まる場所をリンパ節といい、その数は全身に600個程度。怪我をした時や、病気になった時には、ウイルスや細菌などを処理するために、リンパ液が集まるリンパ節が腫れることがあるのです。
足の付け根には、鼠径リンパ節(そけいりんぱせつ)があり、足の付け根が痛い時は、ここが腫れてしこりができているかもしれません。

病気の可能性

しこりがどんどん大きくなる、痛みが強くなるなどの症状がある場合は、病気が原因の可能性があります。リンパの流れが悪くなると、小さなキズから細菌が侵入し、炎症をおこすこともあるのです。病気によっては、広範囲の皮膚に赤みがみられ、熱や痛みを感じます。軽度の場合は発熱がなく、限定された範囲に、赤みがみられるようです。急に症状が進行することもあるので、炎症の症状が現れたら、悪化する前に近くの医療機関を受診したほうが良いでしょう。

足の付け根が痛い原因3・関節の炎症

身体の体重を支える、股関節に異常がおきたことで足の付け根が痛くなることもあります。また、おしりや太もも、膝にかけて痛みを感じることも多いようです。病気によっては、関節が変形し、靴をはく、しゃがみ込むといった、日常の動作が難しくなるほど、関節の動きが制限されるでしょう。
股関節を痛がる病気は、女性特有のものや子供に多いものなどさまざまです。代表的な股関節の病気のひとつとしては、変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)が知られています。

変形性股関節症の原因

関節の軟骨がすり減る症状から始まり、最終的に骨が変形してしまう病気です。原因のわからない、突発性の股関節症は少ないケースです。こどもの頃の病気や発達障害の後遺症、外傷などが原因となりおこるケースが、約80%ほどだと言われています。先天性のものは、男児より女児の方が、発症率が高いと言われています。そのため、変形性股関節症は、女性に多い病気だと言われています。しかし、近年では高齢化社会となっているため、思い当たる病気や外傷がなくても、加齢とともに股関節症を発症するケースも増えてきました。

変形性股関節症の症状

主な症状は、機能障害と関節の痛みです。最初の時期は立ち上がるときや、歩き始めたときに足の付け根に痛みを感じるようです。病気が進行することで、だんだんと痛みが強くなり、場合によっては常に痛みを感じるようになります。しゃがみ込むことや、正座をするのが困難になるだけではなく、長時間の立ち仕事や、歩くことにも支障がでるので、家事を担う主婦や、営業マンにとっては、大きな悩みになるでしょう。

医療機関での診断

変形性股関節症の疑いがある場合、レントゲン写真をとって診断します。初期では、関節がほっそりとして、変形している様子がみられます。だんだんと症状が進むと、関節の隙間が狭くなっている状態がみられ、軟骨下骨が硬くなることもあります。また、末期症状では、骨嚢胞(こつのうほう)とよばれる空洞が骨にできる症状や、骨棘(こつきょく)とよばれる骨組織が形成されます。このように、進行具合をレントゲン写真で確認していくのです。

予防と治療

変形股関節症と診断されたなら、股関節への負担を減らすことが重要となります。初期の状態であれば、どういった動作で痛みが強くなるかを理解し、日常生活で症状を悪化させない使い方を心がけましょう。
医師の指導のもと、体重管理や、杖などの補助具の利用、筋力強化訓練などがおこなわれます。痛みがあると動くのが面倒になり、動かないことで筋肉が衰えてしまいます。筋肉の衰えを防ぐためにも、水中歩行などの負荷が少ない方法で、無理をしない程度に運動をしてください。
また、痛み止めを服用することでも、痛みは軽減できます。しかし、痛みがないからと無理をすることで症状を悪化させる人もいるでしょう。薬の利用は、調子の悪いときや、どうしても負荷がかかる場面での利用が良いかもしれません。
変形性股関節症のほかにも、足の付け根が痛み、体重を支えられなくなる病気はあります。「リウマチ性股関節炎」も代表的な病気のひとつです。一部似た症状はありますが、原因や治療法がことなるので、どういった病気なのか確認してみましょう。

リウマチ性股関節炎とはどのような病気か

リウマチ性股関節は、関節リウマチを発症したことにともなう股関節炎です。しかし、根本となる原因が解明されておらず、現在は、免疫システムの以上が原因と考えられています。足の付け根にある股関節は、リウマチを発症しやすく、体重を支えることや、歩行が困難な痛みが症状としてあらわれる場合もあります。

関節リウマチの原因

私達の体には、細菌やウイルスから自分を守るために、免疫機能がそなわっています。しかし、何らかの原因により、その免疫機能がウイルスではなく自分自身を攻撃するケースが確認されました。そういった免疫機能の異常でおきる病気を、自己免疫疾患といいます。
関節リウマチは、男性よりも女性の方が発症する可能性が高い傾向があり、30歳~50歳の患者さんが多いようです。女性の方が多い理由としては、妊娠・出産にともない、女性ホルモンのバランスが崩れ、自己免疫力が、不安定になることが原因と考えられています。
足の付け根が痛い、リウマチ性股関節の場合は、体を守るための免疫機能が何らかの理由で、股関節にある組織を攻撃することで、炎症と痛みがおこるのです。

関節リウマチの症状

関節リウマチの主な症状は、腫れと痛みがあります。炎症を起こすことで関節がこわばり、腫れと痛み、発熱などの症状がみられるのです。また、右手の関節が痛くなると、左手も痛くなるといった、左右対称に症状があらわれる特徴があります。症状が進行したときにみられるのは、軟骨や骨が破壊されたことによる、手足の変形です。手足を動かしづらくなるので、日常生活や仕事、家事などに支障がでることの多い病気と言えるでしょう。
症状は、起床後に強く感じると言われています。朝食の準備や、パジャマのボタンが外しにくいなど、朝の仕度をしている時に、違和感がある状態が続いているのであれば、関節リウマチを疑ったほうが良いかもしれません。

医療機関での診断方法

関節リウマチの特定は難しく、早期発見のために、日本リウマチ学会が診断基準も設けています。診断は、腫れや痛みのある関節の数、炎症反応など症状の程度をポイント制で確認します。そうすることで客観的に評価を下すことができ、治療方針が立てやすくなるのです。現在では、診断基準をもとに早期発見・治療を行なうことが可能になりました。80%以上の患者に症状の改善がみられ、痛みや腫れがほとんどない状態になった患者さんも多いようです。

治療方法

リウマチの治療法は、研究が進んでいます。症状の進行を抑え、発症前に近い状態になる患者さんも少なくありません。治療は、痛みと炎症を抑えるために抗リウマチ薬や、ステロイドといった薬を使う薬物療法があります。筋力を維持し、関節可動域を広げるために、リハビリ療法の二つを中心に行われます。また、関節の変形が進み痛みが強い人には、手術療法が行われます。固まって動かなくなった関節を処置することで、関節を動かしやすくなるため、手術を行った患者さんの満足度は高いようです。

足の付け根が痛いと感じたら日常生活の見直しとクリニックへ相談

筋肉疲労や体調不良が原因で足の付け根が痛い場合、まずは日常生活を見直してみましょう。生活習慣を変えることで、症状が改善するかもしれません。しかし、慢性的に痛みが続く場合や、だんだんと痛みが強くなるのであれば、症状が悪化する前にクリニックに相談してください。
年齢を重ねることによる不調と考え放置していると、骨が変形し、歩行が困難になるかもしれません。専門知識のある医師に相談することで、日常生活で症状を悪化させないため方法や、改善する方法を知ることができるでしょう。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連キーワード
リウマチコラム】の関連記事
  • リウマチ性多発筋痛症の治し方と関節リウマチとの違いを紹介!
  • リウマチ改善に向けて日々の暮らしを工夫する
  • 関節リウマチの検査と診断を受ける前の確認点
  • リウマチの初期症状かも?と思ったらここでチェックしてみましょう!
  • リウマチは寛解(かんかい)を目指せる!でも寛解って何なの?
  • 変形性関節症を予防する!関節の痛みに悩まされない生活習慣
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。