脇の下に痛みを感じる病気は、いくつか存在します。脇の下にはリンパ節があり、太い血管も通っているため、不安になる人も多いことでしょう。なかには、命に関わることはなくても、手術が必要な病気もあります。特に女性だと、乳がんといった、重い病気の可能性も考えられます。脇の下に症状が現れる病気とは、いったいどういったものがあるのか。不安を和らげるためにも、まずは確認してみましょう。

脇の下の痛みの原因1・乳腺症

 
脇の下に痛みを感じると、女性の場合乳がんを疑う人もいるでしょう。しかし、乳がんとは違う病気の、乳腺症(にゅうせんしょう)が原因かもしれません。ちゃんとした検査をしないと、どちらの病気か判断できないことも多いのです。一人で悩まずに、医師に相談してみましょう。

乳腺症とは

ホルモンバランスが崩れることでおきる、乳腺の変化の総称が乳腺症です。乳腺症は、30代~50代の女性に多くみられ、しこりや硬化といった症状がみられます。乳腺症は、乳がんのような、大きな病気ではありません。ホルモンバランスが崩れたことで、一時的に乳腺が張ったり、痛んだりする症状がでます。そのため、ホルモンバランスが正常に戻ると症状が和らぐことも多いのです。

乳腺症に含まれる病気

10種類近くの病気が、乳腺症として分類されます。
たとえば、液体が乳腺に詰まることで、袋状のものができるものを嚢胞(のうほう)と言います。これは、小さなものだと、特に処置をせずに経過観察となります。大きくなったものは、細いハリを使い、液体を吸い出す、穿刺吸引(せんしきゅういん)と呼ばれる処置が行われます。
また、細胞が過剰に増え、乳頭からもれだしてしまう病気に乳管内乳頭腫(にゅうかんないにゅうとうしゅ)と呼ばれるものもあります。乳頭からの分泌物は、血液が混じっていることもあり、驚く人もいるでしょう。治療には、麻酔を使用した乳管切除が行われます。

乳がんとの違い

乳がんも、乳腺に異常をきたす病気です。しかし、乳がんは乳腺症には含まれません。どちらの病気を発症しているかは、乳腺の細胞を採取し、顕微鏡で確認する必要があります。確認したときに、がん細胞がみつかれば、乳腺症ではなく乳がんと診断されるのです。
乳がんも乳腺症も、脇の下にあるリンパ節が腫れる症状は同じです。ですが、初期症状のとき、痛みに違いがあります。脇の下に痛みを感じる乳腺症に対し、乳がんは痛みを感じません。乳がんの初期症状は、胸にしこりが現れ、進行するとリンパに転移します。そのため、乳がんで脇の下が痛いと感じるのは、症状が進行してからです。

脇の下の痛みの原因2・粉瘤

脇の下にしこりがあり、押すと痛みがある症状には、粉瘤(ふんりゅう)といった病気も考えられます。粉瘤は皮膚腫瘍(ひふしゅよう)の一種。皮膚腫瘍の患者さんの中でも、最も発症する人の多い疾患です。

粉瘤の特徴

粉瘤は、何らかの理由で毛穴の一部が内側にめくれ、袋状になります。そのなかに角質や皮脂がたまることで、だんだんと大きく成長していきます。通常は痛みを感じることがない良性腫瘍ですが、炎症をおこすと、不快な臭いと痛みが出てくることもあります。
粉瘤の表面は、しこりや、できもの、ニキビ、脂肪の塊に見えます。「皮膚がドーム状に盛り上がっている」「押すと白か黄色の臭い膿がでる」「真ん中に小さな点がみえる」と言った特徴もあります。ですが、全てがそういった特徴に当てはまらない粉瘤も存在します。脇だけでなく、耳たぶや背中、手足など、粉瘤は体のどこにでもできる可能性があるのです。命に関わるような疾患ではありませんが、自然治癒しないため、早めに手術で取り除いてください。

粉瘤の手術

以前は、切開して内容物と袋を取り除き、縫合するといった手術が一般的でした。しかし、最近は患者さんの負担を軽減させた、へそ抜き法といわれる方法が主流になっています。これは、粉瘤にメスを使って小さな穴を開け、そこから内容物を搾り取る方法です。内容物がなくなると、粉瘤は余った皮のように、しぼむので、内容物を取り囲んでいた袋のかべを切り取ります。へそ抜き法での手術は、5分~20分ほどで終えることができ、切開して取り除いていた時よりも、短時間に対応できるようになりました。

脇の下の痛みの原因3・帯状疱疹

皮膚にチクチクとした痛みがあるのなら、帯状疱疹(たいじょうほうしん)も可能性としてあげられます。帯状疱疹は、体の片側のみに発症することが多い病気です。痛みのほかに、赤い斑点と小さな水ぶくれが現れます。症状としてでる痛みは、ウイルスが神経を刺激することにより起きた、炎症が原因です。そのため、チクチクとした痛みから、針を刺すようなつらい痛みに変わっていきます。50歳~70歳に多くみられる病気ですが、過労などを引き金に若い人が発症することも少なくありません。

帯状疱疹と水ぼうそうの関係

こどもの頃に、水ぼうそうと診断された人は、誰でも帯状疱疹になる可能性があります。
幼少期に、はじめて帯状疱疹ウイルスに感染したときは、水ぼうそうとして発症します。水ぼうそうが治ったあとも、ウイルスは神経に潜伏し続けます。そして、加齢やストレスで免疫力が下がると、ウイスルが再度活動を始め、帯状疱疹として発症するのです。

帯状疱疹の治療法

発疹がでてすぐ、3日以内に抗ウイルス薬を服用するのが効果的です。多くの場合、跡が残ることもなくキレイに治るでしょう。帯状疱疹は、自然治癒で約3週間、抗ウイルス薬を服用すれば7日~10日程で治る病気です。薬を服用するタイミングが早いほど、水ぶくれになってただれることや、跡が残るのを防ぐことができます。
加齢や心労で免疫力が低下している、といった条件がなければ基本的に再発することはありません。注意するべきなのは、高齢者や食欲がなく体重が減少している人です。日頃から、十分な栄養と睡眠を取ることで免疫力を高め、再発させないようにしましょう。

脇の下の痛みの原因4・MTXの内服

内服している薬が、痛みの原因となるケースもあります。その薬とは、リンパに影響を与え副作用を持つMTX(メトトレキサート)です。よく効く薬なので、世界的にもよく使用され、リウマチと診断された患者さんの多くに処方されています。

MTXの内服で痛みを感じる理由

抗リウマチ剤の内服で、なぜ痛みを感じるのでしょうか。MTXを飲んでいる患者さんには、リンパ節が腫れる人がいるからです。リンパ節が腫れると、血流が悪くなります。そうなると、神経が圧迫され、痛みを感じるのです。
リンパ節が腫れる場合のほとんどが、風邪などが原因の一時的なものです。そういった場合、症状が改善されることで徐々に治まります。しかし、MTX内服患者の中には悪性のリンパ腫に似た、リンパ節腫脹が確認されています。それが、MTX-LPD(MTX関連リンパ増殖性疾患)。近年の研究で、MTXを内服している患者さんは、一般の人よりも、リンパ節腫脹を発症する確率が高いということが判明しました。

治療方法

症状が現れた患者さんは、抗リウマチ剤であるMTXの内服を中止し、2週間程度の経過観察を行ないます。内服を中止したことで症状が落ち着いたら、追加の治療をせずにそのまま経過観察を続けます。
一方で、人によっては悪性リンパ腫のように、化学療法が必要となることもあります。内服を止めることで症状が改善するかどうかは、EBウイルス感染歴によって違ってきます。EBウイルスとは、思春期の頃におこる、一過性の感染症です。リンパ節腫脹をともないますが、感染に気づかないまま、自然治癒する人もいます。EBウイルス感染歴のある人は、MTXの内服を中止しても、多くの場合症状が改善しません。そのため、化学療法が必要となるのです。これは、MTXを内服したことで、体に潜んでいたMBウイルスが活性化したことが原因と考えられています。
リウマチ治療に効果的である、MTXにも副作用はあります。副作用のなかには、注意しながら飲み続けても良い軽度のものもあります。ただし、放っておくと症状が重くなる副作用もあります。そのため、副作用について正しく理解し、定期的な診察・検査をすることが重要となります。原因がわからない、皮膚の症状や、脇の下のしこりに気づいたのなら、すぐに主治医に相談するようにしましょう。

脇の下の痛みは重要な疾患の可能性もあるので早めに相談しよう

脇の下の痛みと一言でまとめても、原因や症状は様々です。短時間の手術で治る粉瘤や、良性疾患である乳腺症なら命の心配はありません。しかし、放置すると強い痛みになる帯状疱疹や、女性の大きな悩みである乳がんも含め、全ての病気で早期の発見・治療は大切となります。
現在何らかの病気を治療中の方は、内服している薬の副作用で痛みを感じているかもしれません。体に以前はなかった異常を発見したら、些細なことでも医師に相談してみましょう。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連キーワード
リウマチコラム】の関連記事
  • リウマチ性多発筋痛症の治し方と関節リウマチとの違いを紹介!
  • リウマチ改善に向けて日々の暮らしを工夫する
  • 関節リウマチの検査と診断を受ける前の確認点
  • リウマチの初期症状かも?と思ったらここでチェックしてみましょう!
  • リウマチは寛解(かんかい)を目指せる!でも寛解って何なの?
  • 変形性関節症を予防する!関節の痛みに悩まされない生活習慣
この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。